はたらくひと必読!仕事人!!

(株)大竹菓子舗 代表取締役 大竹 正美さん

[はたらくひと必読!仕事人!!]
幸せを心に届ける魔法使い お菓子作り歴55年の専心職人
ootakemasamimi.jpg
大竹 正美さんプロフィール
 昭和18年6月17日生まれ(70歳)
青森北斗高校入学後、勉強しながら青森文化センター前の旧「虎屋」で働いていたが父親の怪我をきっかけに学校を辞め働くことを決意。15歳からお菓子作りを始め55年のベテラン職人として会社を支え続ける。25歳で大竹菓子舗を設立し、その後、店舗増設やネット販売など成長を続ける。
 今回は十和田を代表するお菓子を作る職人の店(株)大竹菓子舗を訪ねた。大きい身体で楽しそうに笑う大竹さんは今年で70歳になる。お菓子作りを始めたのは15歳の時。なんと55年のベテラン職人、そして未だに現役と聞き驚いた。
 昔は焼き菓子や煎餅のように日持ちのするつまみ感覚で食べていたお菓子が、今は冷凍や冷蔵をして、すぐに食べるケーキのようなデザート感覚に風潮は変わってきている。
 店舗販売よりもネット販売の売上が高かったり、販売個数を増やすため手作りだけではなく機械の導入をしたりと、売り上げが伸びるのは嬉しいことだが時代や文化の移り変わりには大変だったことの方が多かったと思い出す。
 大竹さんは子どもが4人に孫が7人、従業員も含め養って経営していくことは大変な苦労もあったろう。それでも息子や孫の話しをしている時や、お菓子作りの話しをしている時、苦労話しをしていても、何となく幸せそうに感じたのは単に売り上げだけじゃなく、昔から変わらない美味しいものを作ってお客様に笑顔を届けたいと継続してきた姿勢が当たり前のことになり、そのまま人柄に映し出されたのだろうと感じた。
 現在は3年フランスで修行を積んだ息子(正貴さん)が帰ってきて後継ぎとして入社して11年目となる。昔から親しまれてきた「キャベツ」や「魔女のプリン」を始め、もはや知らない人はいないであろう全国ご当地スイーツ選手権1位を受賞した「魔女のとろ生チーズケーキ」などネットで十和田から全国へ発信し続けている。また去年の4月に増築移転した空き店舗を親子のコミュニケーションの場を作るためにお菓子作り教室を始めたいとも語っていた。
 お菓子を作り、夢を売る仕事は忙しくても理想を持って働く職人が支えているのだと感じた。