はたらくひと必読!仕事人!!

M・K・E company 髪師JIPANG 店長 前川原 弘仁さん

鏡の前でお客様と自分と向き合う 髪を切り、心を整える髪師

maekawarahirohitoto.jpg
前川原 弘仁さんプロフィール
 昭和51年6月30日生まれ(37歳)。
甲東中からサッカーをするために光星学院に進学、卒業後は八戸大学で学び、サラリーマンを半年勤めるが、幼少より憧れていた理容師になるため髪師ジパングに入社した。資格は後に通信で取得し現在入社15年目。27歳の時に店長として就任する。
 今回は理美容業界では十和田市を代表するであろう「髪師JIPANG」を訪ねた。前川原さんは大学卒業後、意外にもサラリーマンをしていたと言う。そんな事を感じさせない独特のゆったりとした和ませる雰囲気は職業柄身に付いたものかもしれない。当時は理美容師と縁遠い生活をしていたが昔から髪を切る仕事には興味をもっていたという。そんな時、当時髪師ジパングのオーナーである黒澤さんが新店舗のGrandBleuをオープンした。人員補強のために募集がかかり、タイミングよく憧れの理美容師業界に入社できたと密かに笑顔で語る。
 きっかけの門は運良く開いていたが、入ってからは専門学校を卒業していないため下積みを重ねながらも通信で資格を取得。慣れない仕事をしながらの勉強は身を削らなければ成功には結びつかない。陰ながらの努力は人一倍してきたんだと感じた。その後は前川原さんや従業員の努力も積み重ね、経営も安定してきた。
 平成18年に現社長である黒澤さんは、ジパング店長・前川原さん、グランブルー店長・金見さん(旧姓・遠藤)のイニシャルを一文字ずつとってM・K・Ecompanyと新たにスタートした。そこには独断経営ではなく手を取り合って同じ立場で物事を考える会社経営を目指していく決意も感じられた。国家試験でもある理容師と美容師には違いはあるが、それを超えたものを目指していきたいと3人で会社を立ち上げたと語った。前川原さんは、髪を切ること以外にもマッサージや細かい気配りなどマニュアル以外にもやる事が多いのは、お客様目線で何が求められているのかを常に考え行動する必要があるからで、これからもお客様の目線に立って仕事に取り組んでいきたいと密かに笑顔で語った。