夢追人ニュース

十和田国立公園指定80年を控え十和田湖の復興を考える

[夢追人ニュース]
 ① 十和田ビジターセンターオープン
bijita-senta-.gif
 十和田八幡平国立公園は、昭和11年(一九三六)に「十和田国立公園」として指定され、2年後の平成28年(二〇一六)2月に指定80周年を迎える。
 かつて大町桂月が「山は富士、湖は十和田」と書いた十和田湖。富士は世界遺産に登録された。が、3・11東日本大震災及びそれに伴う福島原発の事故の影響もあったこともあり、十和田湖への観光客が減少すると共に十和田湖のホテル、飲食店の廃業や倒産。昨年は十和田湖遊覧を行っていた十和田湖観光汽船が倒産するなど十和田湖観光は衰退する一方である。
 国立公園指定80周年を間近に控え、なぜそうなったのか、今後どうすればいいのかを考えてみたい。

jibita-senta-2.gif
 4月16日、十和田湖遊覧を行っている十和田観光電鉄㈱(白石鉄右ェ門代表取締役)遊覧船の運航開始のセレモニーが行われ、今年の十和田湖観光がスタートした。
 十和田湖遊覧は2社体制の昨年までは子ノ口~休屋間の定期航路と、十和田湖を周遊する遊覧航路とがあった。が、今年からは定期航路は廃止。遊覧航路のみとし、子ノ口から休屋までの航路は修学旅行など予約があった場合のみ行うとしている。
 むかしは観光バスで訪れる観光客が圧倒的に多かった。その時代は子ノ口~休屋間の定期航路が有効であった。が、車社会に入り車で訪れる観光客がその比重を増してきた。にもかかわらず子ノ口~休屋間の定期航路はたとえお客が一人のときでも、空気を運んでいると揶揄されながらも運行。それが遊覧船の赤字を招いてきた。
 が、今年の一社体制は順調な滑り出しである。
 今、十和田湖観光汽船の元従業員による子ノ口~休屋間の再開が準備されているというが、どうなるであろうか。
 また4月20日、環境省の十和田ビジターセンターがオープンした。これまで、十和田湖への国や行政による施設の拡充がほとんどなかった。初めての十和田湖への公共施設といっていいであろう。
 十和田ビジターセンターは、十和田湖の成り立ちや十和田湖の全体像が一目でわかるような立体模型や、十和田湖に生息する動物や魚類、四季折々の植物などが展示されている。
 が、このビジターセンターで一番注目したいのが実は休憩施設である。
 ビジターセンターの中には、ホールにテーブル4、椅子10。ラウンジに椅子17。レクチャールームに椅子64。2階にテーブル3、椅子12、長椅子(2人掛)4。2階の展望室にテーブル1、長椅子(2人掛)4。ベランダにテーブル5、長椅子10(3人掛)。湖側の外にテーブル4、長椅子(3人掛)10。併せテーブル17脚、椅子約130脚ある。
 これまでの十和田湖は、歩き疲れてどっかに休もう、あるいは雨が降ってどっかに雨宿りをしようと思っても、お店やホテルしかなかった。ホテルは泊まる予定がなければ入りにくいし、お店に入ると何か買わなければ気まずい。
 つまりこれまでの十和田湖は、観光客に対して非常に不親切であった。
 このビジターセンターは誰に気がねすることなく自由に入り、休憩することができる。そして展示物によって十和田湖の全体像及び十和田湖の魅力を知ることもできる。
 これにコーヒーでも出れば最高であるが、私は観光客に十和田湖に来たらまずビジターセンターに行きなさいと薦めたい。

jibita-senta-4.gif
jibita-senta-3.gif