はたらくひと必読!仕事人!!

ボディバランスケアamon ガーデンキッチン垂穂 代表 小野 美保さん

触と食で身体と心を癒す 整体で働く主婦の生きる道

onomohoho.jpg
小野 美保さんプロフィール
 昭和50年9月16日生まれ(38歳)
十和田出身。八戸工業大学第二高等学校を卒業後、19歳で結婚、出産。パートの仕事をしながら育児に専念していたが、何かをしたいとの想いから整体師の資格取得を目指し、平成15年に切田通りの青森銀行南支店前に開業。自宅の敷地内にサロンを移転開業し、平成23年に102号線沿いに2号店をオープン。翌年にaomn隣接にガーデンキッチン垂穂を開業した。余談ではあるが三本木小学校歴代2人目の女性のPTA会長も務めた。
 102号線沿いの旧コンビニ跡地に二つのお店が並ぶ。整体を営むボディバランスケアamonと食事処のガーデンキッチン垂穂だ。その2店を経営し、整体師としても勤めるのが代表の小野美保さんだ。若くにして結婚、出産し、若くにして起業する。それまでの道のりは運良くでもなく、簡単でもなく、苦悩と苦労しか記憶にないと語る。主婦として子育てをしながら、それを成し遂げてしまう行動力と実行力には感心するしかない。
 当時、親の面倒と3人の子育て、主婦業をしながらパートだと満足のいく生活は出来ない。何か自立できる仕事をと探している時に旦那が昔やってみたかったと言っていた整体の学校の雑誌が目に入った。整体師の資格を取りに学校に行っている時から開業するつもりで動いていたと語る。いつかは...ではなく、これからどう生きていくためには何が必要かを考え必死に学び、行動した。また整体のamonを開業した時から隣りには喫茶店を営業しようと決めていたらしい。そして有言実行、翌年に垂穂をオープンし、勢いは止まらないように見える。しかし実際は不安しかなく、もう前に進むしかないと覚悟を持って、家族も従業員も養っていかなくては!という気持ちで頑張っていると語る。少し不安症な性格と変わらない低姿勢、それでも足は常に前に進み続けている。そんな不思議な魅力が従業員やお客様から支持を受けているのかもしれない。来て良かったと思える店、働いて良かったと思える店にしていきたいと語ってくれた。