夢追人ニュース

九条を守る上十三の会代表 そして詩人の白浜 浩一さん

[夢追人ニュース]
日本を再び戦争をする国にしてはいけない

sirahamakouichi.jpg
 あなたの家の仏壇に、セピア色した若い兵士の遺影がありませんか。あなたの祖父であったり、大叔父であったり、第二次世界大戦で兵隊にとられて戦争で亡くなった人たちの遺影です。第二次世界大戦では、日本人は兵士、民間併せて大よそ300万人が戦争で死んだ。これは現在の青森県の人口の2倍以上です。さらに日本帝国主義の侵略によって、中国、朝鮮半島、東南アジアの人々が大よそ2000万人が犠牲になった。
 広島、長崎に原爆が落とされ、もう二度と戦争をしませんと日本国民及び世界に誓ったのが、戦争を永久に放棄する日本国憲法「第九条」である。
 日本国憲法は昭和21年(一九四六)に公布され、翌昭和22年(一九四七)に施行された。以来68年間、この平和憲法があったおかげで、日本は先進国では唯一戦争でもって他国民を一人も殺さなかったし、また殺されこともなかった。これは誇るべきことです。まさに平和の世界遺産であり、ノーベル賞ものである。
 ところが、安倍内閣によってこの平和憲法がなし崩し的に破壊されようとしている。それが憲法の解釈改憲であり、アメリカの戦争に自衛隊を送り戦争に参加させるのが集団的自衛権である。
 「九条の会」は、平成16年(二〇〇四)に、憲法「第九条」改定を阻止するために、井上ひさし(作家)、梅原猛(哲学者)、大江健三郎(作家)、奥平康弘(憲法学者)、小田実(作家)、加藤周一(評論家)、澤地久枝(作家)、鶴見俊輔(哲学者)、三木睦子(元総理大臣三木武夫氏夫人)ら著名人によって設立された。現在では、地域や業種別のこの会が全国に7000以上組織されている。
 「九条を守る上十三の会」は、中央の「九条の会」が設立されたその翌平成17年(二〇〇五)に上十三地区内の平和を愛する有識者によって設立され、毎年「平和文化祭」や、平和講演会を行い、戦争の残虐さや平和の尊さを訴えてきた。
 設立当初からその世話人会の代表を務めてきたのが白浜浩一さんである。
 白浜さんは語る。
 「戦前、日本が戦争をするために、陸軍が後ろで糸を引いていた大政翼賛会というのがあった。衆議院選挙の時この大政翼賛会の推薦がないと当選できないと言われていた。ところが大政翼賛会の推薦を受けないで当選した議員が二人いた。三木武夫と、安倍晋三の父方の祖父安倍寛でした。三木武夫と安倍寛は、あの時代に東条英機らの軍閥政治に反抗、無所属で翼賛選挙に歯向かい当選した、筋金入りのハト派だった。安倍寛は残念ながら昭和21年(一九四六)に50歳代の若さで亡くなった。安倍晋三は母方の祖父である岸信介の墓参りにはマスコミを大勢引き連れて行くが、父方の祖父のことは一言もしゃべらない。都合が悪いからでしょう。
 睦子夫人が、三木武夫に言ったそうです。なぜあなた自民党議員なんだ?三木武夫は、自分が辞めてしまったら、この国は憲法を変えて、戦争をする国になるよ。
 今でも自民党の中にも野中広務や古賀誠、加藤紘一みたいに、憲法の解釈改憲に反対する人たちがいます。日本を再び戦争をする国にしてはなりません」
 白浜浩一、昭和6年(一九三一)2月、上北郡横浜町に生まれる。野辺地高校、弘前大学野辺地分校卒業。昭和27年(一九五二)、地元の大豆田小学校を皮切りに、主には上北郡内の小学校を廻り、東北町の甲地小学校長を最後に退職。平成4年(一九九二)横浜町教育長。平成17年(二〇〇五)「九条を守る上十三の会」を立ち上げ、世話人代表として現在に至る。
 また、宮本史朗のペンネームで詩を書き、東奥日報の少年少女文芸大会の選者も務める。今年詩集を上梓する予定だという。