ローカルニュース

ハピコンパーティーに132名 うち22組のカップルが誕生

[ローカルニュース]
hapicon.jpg
 十和田市に若いひとたちにたくさん来ていただきたいと、民間で自主的に実行委員会を組織したハピコン実行委員会(三浦安矢実行委員長)の、4回目となるハピコンパーティーが6月14日、サン・ロイヤルとわだで行われた。
 これには県内から19歳~57歳までの、男性70人、女性62人、併せ132名が参加。結果、参加者の三分の一に当たる22組のカップルが誕生した。
 この高いカップルの誕生は、十和田のハピコン方式によるもの。まずカードホルダーに番号と名前を書いた参加者が男性と女性に分かれ大きな輪となって、30秒ずつお互いに自己紹介する。こうして全員が自己紹介する。そして、自分の意中のひとの番号を事務局に提出する。事務局では番号の合った男女を呼んで紹介する。当然、番号の合った男女はカップルになる確率が高くなる。番号の合わなかったひとでも、その後のパーティーで交流を深めるというもの。こうして、22カップルが誕生した。
 ハピコン実行委員会では、こうした大規模なハピコンだけでなく、居酒屋などでの小規模なハピコンをも行う。
 今後は、8月9日、10月(日は未定)、12月24日(100人規模・サン・ロイヤルとわだ)の予定である。
 問い合わせ、℡0176‐25‐6760(楽山)