生徒諸君!青森の子ども

さつき幼稚園児が 山崎製パン工場を見学

[生徒諸君!青森の子ども]
yamazakipan.jpg
 学校法人さつき学園(古舘きよ園長)の幼稚園児40名及び父母、先生が、7月3日山崎製パン十和田工場(大貫利夫工場長)を訪れ、パンが作られる過程を見学した。
 一行は、事務所で工場長より、山崎パンについて説明を受けた。工場長がパンを大好きなひとといったっら、全員が「ハーイ」と大きな声をあげていた。 工場長の説明を受けたあと、食品工場であるから衛生管理が一番大事であることから帽子とマスクを着用。大人はさらに見学用の服と足バンドを着用。いくつかの班に分かれ、持参の上履きを履き工場を見学した。
 子どもたちの大好きなシュークリームを作る機械では、練られた皮となる原料がだんご状になりベルトを流れてくる。それが次の過程でふっくらと焼かれ、それにクリームが注入されて完成する。その間数分である。こうして食パンや薄皮栗つぶあんぱんが作られる過程を見学。食パンを作る過程では、食パンがベルトで高いところを流れているのにびっくりした様子で眺めていた。