はたらくひと必読!仕事人!!

すし侍 まさ木 店主 櫻田 正樹さん

伝えたいのは季節で変わる旬の味  包丁握った十和田の侍

sakuradamasaki.jpg
櫻田正樹さんプロフィール 昭和39年11月14日生まれ(49歳)
十和田工業高校を卒業後、東北電子計算機専門学校へ進学。その後は帰郷して今で言うフリーターをしながら料理を学ぶ。23歳の時に本格的に料理の道へ進み三沢市の大竹鮨で約8年半を修業。平成12年5月に「すし侍まさ木」を開業した。今年で15年目を迎える。

 旧国道4号線から青銀北支店側に曲がり、ワークショップのづきの手前を左側に入ると寿司屋がある。
 開業から15年目を迎えた「すし侍まさ木」の店主・櫻田正樹さんを訪ねた。
 寿司職人となったきっかけは、まだ若い頃に三沢市にある大竹鮨に連れて行ってもらった時に食のカルチャーショックを受けたことだと語る。それから何度か通い、いろいろな寿司を食べ、作ることに興味持ち、アルバイトとして修業を積んだ日々は懐かしい。
 寿司と聞くと昔は贅沢なご馳走だというイメージも少なくはないと思うが最近は激安回転寿司のチェーン店も増え、子どもにも馴染み深くなっている。スポーツで例えるとゴルフのように年齢に関係なく楽しめる料理と言えるだろう。
 「味・量・値段」の中で唯一、目に見えないもので勝負するからには一切の手抜きはない。旬の魚を寿司として出すだけではなく、焼いたり天ぷらにしたりと調理の工夫で同じ魚でも違った味わいを楽しむことが出来るのは料亭ならではの強みだろう。
 櫻田さんはこの味を宣伝することもなく、外に発信するのは苦手でスマホも上手く使えないと笑いながら教えてくれた。それでもあけぼの学園(様々な事情で親が育てられない子を受け入れる児童福祉施設)へクリスマスに無料で寿司を握るなどの活動もしている。その時の喜んだ子供達の顔を見たいために今年もサンタになりたいと照れ笑いした。
 今が食べ頃の魚は何?美味しい調理法は?そんな話しを肴に食べる寿司は一味違う味わいがあるだろう。来てくれたお客様との会話の中で旬の情報や仕入れたオススメなどを伝えてその時にしか出会えない味を提供したいと語った。