生徒諸君!青森の子ども

三本木農業高校 日本動物大賞グランプリ!

[生徒諸君!青森の子ども]
doubutuguranpuri.jpg
 三本木農業高等学校で取り組んでいる「命の花プロジェクト」が日本動物大賞のグランプリを受賞した。
 殺処分されたペットの骨はゴミとして捨てられる。平成24年度の殺処分数は犬が約900匹、猫が2400匹を越えるという。人間の都合で飼われ、人間の都合で捨てられる。その現状を知り、大切な命を無駄にしている事を知って欲しい。それが殺処分を減らすきっかけになればと殺処分された動物の骨を擦り潰して土に混ぜ、花を咲かせる。それ(命の花)を配布しながら現状を伝える活動が日本動物大賞に選ばれた。
 全国1位となった三農の愛玩動物研究室で先輩から受け継いでいる命の大切さを知るプロジェクト。生徒は殺処分がゼロになるまで続けていきたいと語った。