夢追人ニュース

奥入瀬渓流の美しさの根幹がコケであることを再発見した河井大輔さん

[夢追人ニュース]
いに日本蘚苔類学会大会を十和田市開催にこぎつける 

kawaidaisuke.jpg
 最近、奥入瀬渓流に行くと石ケ戸から子ノ口まで歩いているひとがずいぶん多くなっている。
 奥入瀬渓流の魅力は、ブナ、カツラ、トチ、ミズナラ、サワクルミなど広葉樹の深い緑の天然林の中を、十和田湖から流れ出る清流がときにはなだらかに、ときには急勾配を岩肌に激しくぶつかり飛沫をあげて流れる。また、ところどころに高い崖から滝が真っ白な飛沫をあげて落ちてくる。
 そして、なにより魅力的なのはこんな大自然の中を、極端にいうならハイヒールを履いても歩けるのである。
 この奥入瀬渓流の深い緑を作っているのは実はコケである。川の中の石を見ても、崖の岩を見ても、古木の根元を見てもコケがびっしり生えている。
 明治35年(一九〇二)開通したばかりの奥入瀬渓流を歩いた詩人の大塚甲山が、「木の葉を沈め草を生じ、岩には苔あり緑深く、水には花あり紫に散り浮べり」と、コケが奥入瀬渓流の深い緑をつくっていると書いている。
 また、大正11年(一九二二)に大町桂月が発表した『山は富士、湖は十和田』中で、「焼山まで三里の間、川中に大小の巌石おほくして、その幾百千なるを知らず。しかして巌石ごとに必ず苔若しくは樹木をおぶ。これ奥入瀬川の特色にして天下にその比を見ず」と、コケが奥入瀬渓流の特色であると書いている。
 しかし、自動車道が作られ、人々が奥入瀬渓流を車で通るようになると、誰もコケに関心を示さなくなった。
 そのコケを再発見したのが河井大輔さんである。しかも、コケを観光にまで高めただけでなく、今年の日本蘚苔類学会第43回大会を十和田市での開催(8月26~28日・奥入瀬渓流ホテル)までにこぎつけ、奥入瀬渓流のコケが全国に知られることとなった。
 「北海道にいたときは、環境調査やアウトドア関係の雑誌の編集などをやっていて、ブナの森の良さに気がつきました。良質なブナの森は北海道ではヒグマがいるような山の中に行かなければ見られない。が、十和田に来てみると、極端にいうなら下駄ばきでも行けるようなところにブナの原生的な森がある。
 アウトドア関係の雑誌では釣り関係の取材が多かった。北海道の川にはほとんどすべて人の手が入っている。ところが奥入瀬渓流には必要最小限の改修しか加わっておらず、岩という岩、川の中にある石という石にすべてコケが生えている。これはすごいと思いました。なのに、このコケはなんというコケかと知りたくても、誰も知らない。京都のコケ庭に行くとちゃんと説明してくれる。そこで専門家を呼んでコケの勉強会をやったわけです」と語る。
 こうして奥入瀬渓流には日本有数の約300種類のコケがあり、奥入瀬の深い緑の基礎を作っているのはコケであることがわかった。奥入瀬渓流にコケがあるのは誰でもが知っている。が、その素晴らしさに気がついたのは河井さんだけであった。
 河井大輔。昭和39年(一九六四)大阪出身。東京で育つ。小学校のころからバードウオッチングなど自然に興味を持っていた。高校を卒業すると北海道の雄大な自然に憧れて札幌大学に入学。その後北海道でアウトドア関係の雑誌の編集に携わり、平成19年(二〇〇七)に奥入瀬に魅了され十和田市に移住。平成20年(二〇〇八)㈱ノースビレッジ入社。平成25年(二〇一四)NPO法人奥入瀬自然観光資源研究会を設立し現在に至る。同理事長。