はたらくひと必読!仕事人!!

サン・ロイヤルとわだ ブライダルプランナー 三浦 潤子さん

  見送る側から贈る側へ
 人生の道を知る結婚仕立て人
miurajyunko.jpg
 プロフィール 昭和45年6月5日生まれ(44歳)
三沢商業高校を卒業後、稲本胃腸科外科で約3年医療事務を務めるが、結婚を機に退職。その後、子育てをしながらの新産測量の事務を約13年務める。それから桜田造花店で6年間を働き、人を送る職務を続けるが家庭の事情で退職。パートなどをして生活していた苦しい時期に、縁あってサン・ロイヤルとわだに平成23年1月にパートとして雇用される。同年3月に震災があり、人件費削減のために退職を覚悟していたが仕事力を認められ正社員として雇用され、ブライダルプランナーとして活躍する。

 今回はサン・ロイヤルとわだで勤務の、十和田市で唯一の女性のブライダルプランナー・三浦潤子さんを訪ねた。
 年齢よりもずっと若く見える外見に、すでに孫がいるギャップに驚く(笑)
 いつも笑顔で元気なイメージがあるが、現在の仕事をするまでは様々な苦労と苦悩があったと教えてくれた。
 結婚式を一生の幸せの思い出にするための仕事。この職務の以前の仕事は、意外にも人の一生を見送る仕事だった。
 当時の仕事にもやりがいを持って働いていたが、家庭の事情で退職することになった時には現在の仕事は想像もしなかったであろう。
 冠婚葬祭の葬儀から婚儀への転職。3回あると言われる人生の主役になる時を仕事で携われた経験が潤子さんの仕事に対する姿勢を培ってきたのだと感じた。
 ブライダルプランナーとしては、自分は女性であることが最大の強みだという。男性には分かりづらい結婚前の女性の不安な気持ちにも様々な経験から、アドバイスやメンタルケアもしていきたいと語る。 それはやはり一生に一度の晴れ舞台にみんなに笑顔でいて欲しい気持ちがあり、二人の幸せを応援する潤子さんにも同じ笑顔が溢れるのは当たり前なのかもしれない。
 また、サン・ロイヤルとわだではハピコンパーティーへの全面協力、市内24店舗の飲食店とのコラボ企画、新しい中華の料理長を迎えるなど十和田市民の人々が幸せになれるような様々な企画に挑戦し続けている。