夢追人ニュース

鷹山宇一記念美術館が開館20周年

[夢追人ニュース]
 道の駅と合体・文化村構想として発展
 20年間(1994年8月~2014年7月)で452,045人入館

takayamabijutukan.giftamayamauiti.gif
 文化のまち、教育のまちといわれていた合併前の旧七戸町。昭和63年(一九八八)当時の濱中博町長が「美術館」建設を打ち出し、さすがに文化のまちだと世間をアッといわせた。しかし、濱中町長が急逝。町長が変わり「美術館」建設が議会で否決された。それに対して町民有志が立ち上がり署名活動を行い再び「美術館」建設が復活した。
 こうして宮城県中新田町のバッハホールの提案者の一人である北川フラムさん(アートディレクター)を顧問に「文化施設構想整備策定委員会」が発足。それが「文化村」構想に発展。平成6年(一九九四)、誕生したばかりの道の駅と合体した全国でも前例のない鷹山宇一記念美術館が開館した。
 それから20年。この20年間で45万2045人が入館。年平均約2万6000人。毎週月曜日が休館日であるから開館日月26日として計算すると、1日平均約83人が入館していることになる。これは地方の、しかも人口1万数千人の町としては大健闘といっていい入館者数である。
 これだけの入館者数を維持してきたのは、第1に、大胆に道の駅と合体したこと。第2に、鷹山宇一の長女で、当時二科会事務局長であった鷹山ひばりさん(平成11年~平成21年・現青森県立美術館館長)を館長に迎えたこと。第3に、市民による後援団体「友の会」を組織したことなどが挙げられる。
 これは、道の駅と合体したことでこれまで美術に関心がなかったひとでも気軽に入館できる雰囲気を作った。二科会の事務局長鷹山ひばりさんは日本の画壇に顔が広く企画力に優れていた。そして「友の会」は企画展などをボランティアで支えてくれた。
 この20年間に1万人以上が入館した主な企画展を紹介すると、平成11年「~世界の文化遺跡を描く~平山郁夫展」(1万4570人)。平成12年「手塚治虫の世界展~世代を超えた夢ワールド~」(1万8260人)。平成13年「夢は無限 藤子・F・不二雄の世界展」(2万5455人)。平成14年「安田火災東郷青児美術館蔵‐東郷青児展」(1万7450人)。平成16年「箱根・芦ノ湖成川美術館コレクション~春光うらら~さくら・桜展」(1万1730人)。平成17年「手塚治虫のふしぎな虫眼鏡展」(1万7265人)。平成20年「青森放送創立55周年記念~ヤマタネ所蔵作品による~日本画名品展」(1万5077人)。平成21年「箱根・芦ノ湖成川美術館コレクション~日本のこころ~Sakura桜・富士山Fujiyama展」(1万3082人)。平成22年「山形美術館 服部コレクション~伝統とエスピリー~20世紀フランス絵画の精髄」(1万1285人)。平成23年「平山郁夫展~次世代への伝言」(1万3706人)などである。
 鷹山宇一記念美術館20周年は、記念作品として彫刻家吉野毅制作のブロンズ『請』(高さ178㌢、奥行45㌢、幅45㌢)を購入した他、特別記念展として「日本近現代洋画への旅‐鷹山宇一作品と山岡コレクションを中心に‐」を行った。
 舩山義郎館長は、
 「鷹山宇一記念美術館はどうしても中高年のひとたちが多いです。今後は若いひとたちに来てもらえるような企画を考えて行きたいです」と語る。