はたらくひと必読!仕事人!!

株式会社 エイ・ジェイ・アイ 営業部長 佐々木 毅彦さん

[はたらくひと必読!仕事人!!]
見えないものを売る仕事
  損しても得を生む尊徳人
sasakitakehiko.jpg
プロフィール 昭和40年9月19日生まれ(49歳)
弘前市東奥義塾高校を卒業後、札幌市の北海道自動車短期大学に進み、卒業後に青森トヨペット十和田店に昭和61年に入社した。入社当時は自動車整備士として勤務していたが翌年に営業部へ異動。営業成績№1の実績を認められ店長として勤務。平成18年4月まで店長として勤めた後、現在の会社、株式会社エイ・ジェイ・アイへ転職した。

 北園小学校の向かいの角地にある保険代理店・株式会社エイ・ジェイ・アイで努める佐々木毅彦さんを訪ねた。主にカーリースやイベント保険なども担当する佐々木さんはトヨペット時代からたくさんのお客様にお世話になり現在があると言う。
 保険といっても扱うのは生命保険や車両保険だけではなく祭りやバラゼミ、様々なイベントなどにも多くあると教えてくれた。
 誰かに何かがあったら...取り返しのつかないことがないように責任を請け負うのが保険だと感じた。
 佐々木さんは株式会社エイ・ジェイ・アイの営業部長でもあり、十和田商工会議所青年部の会長でもあり、交通安全協会青年部の部長、バラゼミの教授兼キッチンボスでもあり、高校生の息子を育てる父親でもある。多くの肩書きに、真っ直ぐ家に帰れる日はほとんどないと言えるくらい多忙な日々を仕事とボランティア活動で費やしている。人間は生きることが営業。何を考えて行動してきたかが今につながっていると思うと語ってくれた。
 現在はB‐1グランプリ郡山大会のゴールドグランプリを目標にバラゼミで活動、他にも十和田湖マラソンの実現なども企画したいと行動している。なぜ給料も出ない事にそこまで一生懸命になれるのかを聞くと町興し事業は地域の経済効果につながる事、今までお世話になった全ての方々に恩返しがしたい、そして将来、県外に出た子供たちが帰ってきても働ける場所があり、胸を張って誇りに思えるような街にすることが大人の役割だと思うと熱く坦々と語ってくれた。
 偶然にも取材中に県外から来たと思われる人が訪れ迷っていたのを見ると、パッと立ち上がり十和田市の観光や飲食店を紹介している行動力には驚いた。何でもすすんで行動する姿勢が佐々木さんの営業なんだろうと感じた。
 最後に伝えたいことは?の質問に「これからもよろしくお願いします」と笑顔で挨拶して終わった。