ローカルニュース

『三本木平開業の記』にある茜染めを再現

[ローカルニュース]
新渡戸記念館ボランティア団体Kyosokyodo(共創郷土)

akanezome1.gifakanenone.gif
 新渡戸記念館のボランティア団体である「Kyosokyodo(共創郷土)」(新渡戸富恵代表)がこのほど、『三本木平開業の記』にある伝統技法で茜染めを再現させた。
 三本木開拓の祖新渡戸伝が三本木平に上水しただけでなく、産業振興をも計画していた。それが『三本木平開業の記』である。これには「物産開業之仕法」として、駄馬市之事や瀬戸物焼出之事、養蚕之事など産業振興策が10項目にわたって書かれている。その一つに薬園の事として、「紫根や茜は自然に野原に生えてこれは日本一の品質である」と書いている。
 ムラサキやアカネは古いむかしからの日本の染料である。Kyosokyodoでは紫根、すなわちムラサキの染物はすでに十和田むらさき保存研究会がやっている。それではもう一つの茜染めをやろうということになった。こうして新渡戸記念館の小学生を対象とした「寺小屋稲生塾」のプログラムの一つとして、まず自生しているアカネを採取。その根を乾燥させて茜染めのハンカチを製作した。
 これには、十和田市出身で東北芸術工科大学4年の小笠原みなみさんが染色をサポート。その製品化には、同大の添野美生さんが包装用のキャラクターをデザイン。北里大学獣医学部4年の根本遥奈さん、同大2年の安田暁彦さんが包装を手伝うなど、若い感性で完成させた。
 茜染めのハンカチは、綿100㌫で上品な淡いピンク色。模様は染めるとき箸や輪ゴムなどを使った絞り染めで、1枚とて同じものがない。
 茜染めのハンカチは、「お三木あかね」として新渡戸記念館他、アート・ステーション・トワダ、道の駅とわだで販売している。1枚400円(税込)。
 問い併せは、℡0176‐23‐4430(新渡戸記念館)迄。
 写真は、茜染めのハンカチを披露する茜染めを指導した小笠原みなみさん(中央)と野本遥奈さん(左)安田暁彦さんと茜とその根