夢追人ニュース

平均年齢70歳強の十和田健康乗馬クラブの最年長者は84歳

[夢追人ニュース]
趣味に乗馬を楽しむ簗田睦子さん
84歳で全国乗馬倶楽部振興会の5級ライセンスを取得

yanadamutuko1.gif
 会員資格「男性概ね60歳以上、女性概ね50歳以上」という乗馬クラブがある。十和田健康乗馬クラブ(佐藤清会長)がそれである。
 現在会員は女性8名、男性12名の併せて20名。うち80歳代1名、70歳代10名、60歳代5名、60歳未満4名と、おそらく全国最高齢者の乗馬クラブである。
 その最高齢者乗馬クラブの最高齢者が今年10月に全国乗馬倶楽部振興会の5級ライセンスを取得した梁田睦子さん、御年84歳である。
 「私ね、お花、お茶、日本舞踊、裂織などたくさんの趣味を持っていて、それなりの資格を取っています。次に何をやろうかと考えていたとき、十和田に桜流鏑馬を見に行ったんです。女性が全速力で走る馬に乗って矢を射るでしょう。感激しました。あ、今年は午年だ。馬もいいな、こんなおばあちゃんでもできるかしらと思って十和田乗馬倶楽部に電話したところ、会長がどうぞといってくれて、5月ころから練習しました。馬に乗ったときはただただ嬉しくってね。それが新聞に載ったところ友達から電話がかかって来て、みんなが集まってお祝いのパーティーを開いてくれたんです」と語る。
 簗田睦子さん、昭和5年(一九二七)2月、旧天間林村出身。夫は学校の先生をしていたこともあり専業主婦であった。が、午年の今年馬に出会った。十和田乗馬倶楽部に練習に通い、10月に乗馬5級のライセンスを取得。今は4級に迫る勢いだ。
 超高齢化社会の日本。高齢になっても趣味と生きる目標をもち、病気知らずで活動する。梁田さんは超高齢化社会の高齢者の生きる一つの手本だ。
 十和田健康乗馬クラブは、平成22年(二〇一〇)に発足。隔月で奥入瀬渓流や八甲田山麓蒼星の森、奥入瀬川河川敷、小川原湖湖畔、三沢淋代海岸、十和田市周辺など大自然の中をトレッキング。終わった後は、その日のトレッキングの映像を見ながらの懇親会はまた楽しい。会員の平均年齢は70歳強だが、誰も自分は高齢者だなんて思っていない。

yanadamutuko2.gif
yanadamutuko3.gif
 写真上/十和田乗馬倶楽部の中野渡会長と余裕をもって談笑しながら乗馬する簗田睦子さん(12月)。写真下十和田健康乗馬クラブの仲間と奥入瀬川河川敷をトレッキングる簗田さんこのときはちょっと緊張ぎみであった(7月)