はたらくひと必読!仕事人!!

十和田西高校 観光科教諭 川村 真一さん

[はたらくひと必読!仕事人!!]
 経験がひとを成長させる
学校では学べない授業を学べる学舎
kawamurasinnichi.jpg
プロフィール 昭和46年8月7日生まれ(43歳)
八戸西高校を卒業後、八戸学院大学へ進学。教師を目指しいろんな高校を転勤しながら学び、29歳の時に正教諭となる。商業系の科目を得意としていたが、38歳の時に十和田西校に赴任し、初めてとなる観光科の担任となった。県内唯一の観光科の意味を深く強めるために2011年の2月から子供たちとバラゼミをつなぐ窓口として自身もバラゼミの一員としてスタートした。

 今回は県内唯一の観光科がある十和田西校の担任の川村真一さんを訪ねた。個人的な学校の先生の勝手なイメージはどこかに一般人との壁があり、本音の会話をする機会も少ない聖職者と呼ばれる遠い存在だったように思えていた。そんなイメージを覆すような川村さんは気さくで話しやすく、気持ちの芯は子供たちのためにと熱く語り、行動できる人だと感じた。
 元々は商業科に赴任する事が多く、十和田西校の観光科に赴任してきた時は自分に何ができるかの判断が難しかったという。
 そんな時にまちおこしのために一生懸命、十和田市を盛り上げていこうと活動しているバラゼミと出会った。まちおこしのためには、まず子供たちに街を知ってもらう事から始まった。2011年の2月から子供たちの窓口として連携する役割から始まったが、当時はほんの数名が手伝うような状況からスタートした。そして翌月の3月に忘れることのない大震災があった。地域復興の前に震災復興のために炊き出しなどにも参加し、亡くなった人や残された家族にも声を掛けた。2011年の姫路大会ではたった4人の西校生をPR隊として初めてB‐1グランプリへ連れていった記憶は今でも鮮明に覚えている。過去の失敗から学びながらも、少しずつ努力が結果となってきた。
 本気の大人が本気を子供たちに見せることで本気で協力する気持ちをもつ生徒たちも増えてきた。人を笑顔にさせる仕事を覚える事。震災の仮設住宅を一緒に回った経験は弱い者に対する気持ちを育んでいった。苦難苦闘の毎日は、いつの間にか生徒から仲間のような信頼関係になっていた。普通であれば有り得ない体験をさせてもらった。生徒のために授業では勉強を教え、卒業のために就職先や進学先を考える事も大事だが、経験が人を成長させるのだからバラゼミには感謝しかないと最後に語ってくれた。