夢追人ニュース

十和田湖で遊ぶその6/ひめますを毎年70万匹放流

[夢追人ニュース]
wainaisadayuki.jpg
 十和田湖はかつて、大よそ400年ほど前に霊山として開かれ、青森県や秋田県などから多くの参拝客が訪れた信仰の湖であった。
 そして次に十和田湖を有名したのは和井内貞行によるひめますの養殖である。
 しかし現在は、信仰地であった「おさご場」は閉ざされ、十和田湖の特産品といわれながらホテルでもひめます料理が出されることがなく、和井内貞行については青森県側はパンフレットさえおいていないのは残念である。 
 和井内貞行は、安政5年(一八五八)現在の秋田県鹿角市毛馬内に生まれた。成人すると小坂鉱山寮の吏員を経て藤田組の社員となる。明治17年(一八八四)貞行27歳のとき十和田湖に鯉600匹を放流した。それは、重労働にもかかわらず干物と漬物だけという粗末な食事で働く鉱山労働者に新鮮な魚を食わせたいという思いからであった。これが和井内貞行の十和田湖への魚の放流の原点である。
 明治26年(一八九三)宇樽部の三浦泉八らと連名で湖水の使用許可をもらう。そのときの魚は主には鯉であった。が、鉱山は営業不振のために閉山。労働者に魚を食わせたいという漁業の目的が閉ざされる。
 しかし貞行の十和田湖への魚の養殖の思いが益々強くなってゆく。貞行は40歳のとき会社を辞め養殖に専念する。明治33年(一九〇〇)貞行43歳のとき青森県水産試験場からサクラマスの卵を買い孵化させ5000匹を放流。同じく日光養魚場からビワマスの卵を買い3万5000匹を放流。何回も失敗を重ね貞行は多額の借金を抱える。
 失意の貞行。東北漁業組合本部を訪ねたときである。ここで信州の商人から、北海道支笏湖にアイヌ語でカパチェッポと呼ばれる回帰性のマスの話しを聞く。
 これだ!!と思った貞行。妻カツは着物や櫛、愛用の懐中時計などを質に入れ卵を買う資金をつくった。明治36年(一九〇三)カパチェッポの卵を買い孵化させ3万匹を放流した。 
 そして明治38年(一九〇五)秋、風ひとつない湖面がさざ波たった。ヒメマスだ!!ヒメマスが産卵のために帰ってきたのだ。このとき貞行が発した言葉が「われ幻の魚を見たり」だといわれている。この貞行のひめますの養殖は、昭和17年(一九四二)に子ども向けの話として出版されたのを皮切りに、昭和25年(一九五〇)には『われ幻の魚を見たり』として映画化され、昭和33年(一九五八)ころから「十和田のヒメマス」として小学校の教科書に載り、十和田湖を有名にした。
sasakikumiaichu.gif
 十和田湖は青森県と秋田県にまたがっているわけだが、関西以西に行くと十和田湖は秋田県にあると思っている人が多い。和井内貞行は秋田県の人であり、その話もほとんどは秋田県であることから、和井内貞行のしが大きく影響しているものと思われる。
 十和田湖増殖漁業協同組合(小林義美代表理事組合長)は昭和61年(一九八六)よりこの事業を引き継ぎひめますの孵化と放流を行っており、現在の放流数は毎年70万匹である。
 その漁獲量はが、平成25年(二〇一三)でみると、ひめます9845㌔、ワカサギ895㌔、サクラマス318㌔、コイ285㌔、フナ398㌔となっている。かつて十和田湖の名産であったエビは平成4年(一九九二)の518㌔を最後に現在は皆無である。
 十和田湖での遊漁者数、釣り券を買って釣りをする釣り人は平成25年でヒメマス2222人、コイ38人であった。
 十和田湖増殖漁協の組合員数は35名(青森県20名、秋田県15名)だが、漁業だけでは食って行けず民宿などをやりながら生計を立てているひとが多い。
 漁協としてもひめますの養殖をするだけでなく、ひめますを売り込むためにブランド化を進めようと特許庁に地域団体商標を申請。昨年「十和田湖ひめます」として登録された。
 十和田湖の原点のひとつであるそのひめますは、前述のように十和田湖の主要なホテルでは出されておらず、わずかに民宿と一部の食堂や、 お土産店での串焼きとしてしか食べることができない。
 ひめますには感動的なドラマがある。「十和田湖ひめます」として地域商標登録もされた。このひめますを十和田湖の特産品としてどうアピールし売り込むかが今後の課題である。

towadakonosakana.gif
 写真上/魚が棲まわないといわれた十和田湖に失敗を重ね、苦労の末ひめますの養殖に成功した和井内貞行翁。その逸話は「ヒメマスが帰ってきた!」として小学校の教科書に載り、『われ幻の魚を見たり』として映画にもなった(写真は小坂町)
 写真中/和井内貞行の意思を受け継ぎ十和田湖にひめますの放流を続けている十和田湖増殖漁業協同組合の小林義美組合長
 写真下/十和田湖に生息する魚類(十和田湖観光交流センターぷらっと展示より