はたらくひと必読!仕事人!!

株式会社 成田設備 代表 成田 一郎さん

元気があれば何でも出来る!
紅馬で十和田を駆ける設備屋さん
ichironarita.jpg
プロフィール 昭和42年4月21日生まれ(48歳)
三本木農業高等学校を卒業後、中央工学校建築設備科へ進学。卒業後、東京の設備会社に就職し、約4年半勤めたが、父親が体調を壊したことをきっかけに帰郷し(株)成田設備に入社した。現場で下積みを重ね、28歳で常務取締役、34歳の時に(株)成田設備の代表として就任した。また、十和田青年会議所(JC)に28歳で入会し、39歳の時に第50代目の理事長として大きく地域に貢献した経歴を持ち、40歳で「十和田ラグビースクールRED HORSE」を立ち上げるなど、スポーツを通して青少年育成に取り組む一面も持っている。

 パワーズUの裏手側の通りにある株式会社成田設備を訪ねると、少し強持ての顔と太く甘い声で代表の成田一郎さんが迎えてくれた。仕事の事を聞くと、大きな建物は設計・建築・設備・電気などの分野が入札し、造られる。会社の仕事は建設設備という業種に区分けられ、大きな建物の水道や排水、空調や換気、酸素配管や油配管など工事も細かく分けられ、主に設備工事を請け負っていると教えてくれた。
 成田さんは第50代目の十和田JC理事長として務め、節目の企画として青年フォーラムを実行。十和田市の元気を見せつけ成功を収め、翌年に卒業した経歴を持つ。卒業してからJCの青少年育成委員会に所属していた頃に感じていた想い、現在は子供が身体を動かす遊びから学べる環境がない。外は危ないから家の中でゲームがほとんどで「ゲーム脳」は社会問題にもなっている。想いを形にしようと約9年前(40歳の頃)に「十和田ラグビースクールREDHORSE」を立ち上げた。7人制ラグビーが2016年にオリンピックの正式種目となりラグビー業界は盛り上がっている。ラグビーは社会の縮図だとも言われている程、役割分担がはっきりしているスポーツだ。主張が目立つスポーツ種目の中でラグビーは犠牲の精神がなければ出来ない。One for ALL&ALL for One(1人はみんなのために!みんなは1人のために!)は有名な名言だ。また、平成25年に「総合型スポーツクラブREDHORSE」と改組し、ラグビー以外にも陸上競技やヨガ、ルーシーダットンなど活動の輪を広げている。団員は募集中!興味のある方は連絡を!
redhorsebarcode.jpg