はたらくひと必読!仕事人!!

美容室 山野 ヤマノブライダル ヤマノスタジオ マネージャー 畑中 宏之さん

ゆるキャラを超えた十和田市の生キャラ!?
 B‐1グランプリ十和田開催まであと[23日]
  まちおこしの想いを実現する偉業の仕事人!!
hatanakahiroyuuki.jpg
十和田バラ焼きゼミナール
舌校長 畑中 宏之
プロフィール 昭和38年8月21日生まれ(52歳)
三本木高校を卒業後、沖縄大学に進学。途中自主退学をし放浪の旅に出る。28歳で帰郷し、家業である美容室山野を継ぐ。地域の人を知ろうと十和田青年会議所(JC)と商工会議所青年部(YEG)に入会。そこで社会奉仕のためのボランティア活動やまちおこし運動について学んだ。まちおこしツールの一つの手段として平成22年からB‐1グランプリ(厚木大会)に初出展する。さまざまな十和田市の魅力を全国へ発信しながら、去年の郡山大会で見事にゴールドグランプリを受賞した。そして今年の十和田市開催に最も貢献した立役者だと誰もが認めるであろう人だ。

 今回は毎日が24時間では足りないくらい多忙な日々を送っているであろう美容室山野のマネージャーでもあり、十和田バラ焼きゼミナールの舌校長・畑中宏之氏を訪ねた。ヒゲ面に薔薇をあしらった黒のタキシードで十和田市のゆるキャラではなく「生キャラ」として全国に魅力を発信し続けている。畑中氏は高校時代に生徒会長に立候補しても危険だと判断され先生に止められる(笑)その後、大学へ進学しても中退し、世界を見るため放浪の旅に出る(驚)など、人とは違った感性を感じさせる破天荒な一面を昔から持っていた。
 28歳の時に帰郷し家業を継ぐ。地域と人を知るために十和田青年会議所と十和田商工会青年部の2つに入会。そこで学んだものは「まちづくり」と「ひとづくり」の大切さ、社会奉仕活動とは何のためなのか、地域活性化のために自分たちが出来る事とは、仲間と未来を熱く語り、十和田市のために何かを実行したいとの想いは強くなる。それが今年開催されるB‐1グランプリin十和田につながったことは言うまでもない。
 平成22年にたった15名から始まったまちおこしのための小さな取り組みは現在では全国、世界からも注目を受ける大きな活動となって十和田市の魅力を発信し続けている。今では見慣れ聞きなれた畑中氏のキャラも、当時は奇抜な格好や言葉に地元市民からはバカにされることがあった。それでも「十和田市のため」にと揺るぎない信念の主張は変わる事なく、高校生や小学生を巻き込んでの取り組みや被災地の復興支援の活動などが全国メディアにも取り上げられる。5年という苦悩の年月を駆けてゴールドグランプリを受賞した喜びと感動は一生忘れる事が出来ないと語る。
 畑中氏はバラ焼きを売る事が目的でもなく十和田市で開催することも目的ではない、それをきっかけに大人から子どもまで「まちの人の意識を変える」きっかけになればいいと思うと語ってくれた。B‐1開催地の大きな経済効果は過去に実証されているが大切なのはその後にどうやってまちを発展させていくかで、次の世代には同じことではなく馬でも苔でもいいから何か十和田市の魅力を発信するための挑戦をして欲しいと語る。バラ焼きを通して知る事の出来た十和田市の歴史のある自然や建物、自慢できる地産品、地域愛溢れる子どもたち、まちの魅力を発信していくことで魅力のあるまちになってきたと感じた。
 9月10日時点でB‐1グランプリin十和田開催まであと23日となる。畑中氏はワクワクとドキドキと不安と緊張が止まらない。いまは全国から来てくれる人たちに「十和田スタイルのおもてなし」を全力でやりたいと語る。人口約6万人の小さなまちに何倍もの来場者が訪れる十和田市過去最大のまちおこしの祭典に期待と興奮を覚える。また、十和田開催に向けての企画の一つとして、まちおこしのために競争ではなく共闘している同志らが九州大分から「363日生花(薔薇)リレー」を出発したことを教えてくれた。十和田開催を成功させたい全国のみんなの熱い想いを繋げて10月2日に青森県十和田市に到着する予定だ。
 郡山大会へ参加した人なら分かるが、会場までの道のりにあるお店の人たちが店頭に出て何万人という来場者一人一人に「ようこそ郡山へ!」と笑顔で声を掛けてくれていた。畑中氏は十和田市開催ではおもてなす側として恥ずかしがらずに「ボンジュール!ようこそ十和田へ!」と声を掛けてもらえれば嬉しいと語った。まちのために子どもたちのために、この魅力ある十和田市民の一人として自信を持って声を掛けようと思う。