ローカルニュース

北里大学「ZEV」が完成!

[ローカルニュース]
 10月23日に北里大学獣医学部北里会執行委員会が制作している「十和田市生活情報誌ZEV」が完成され完成報告に市長を表敬訪問した。これは相模原キャンパスで学ぶ1年生にむけて2年生から生活する十和田市の情報を紹介するための情報誌。
 制作を担当した佐野昌平さん(動物資源科学科3年)は1年生の時には十和田市は何もない町だと思ったが素晴らしい場所だと知って後輩に伝えたいと思ったと語った。十和田市は第二の故郷と言う加藤彩子さん(生物環境科学科4年)は大学生活は限られた期間しかなくもっと青森県を知り、いろんな所を回りたかったと語った。
 今回は市が作成に協力し、観光・まつり・生活情報などが充実し、学生からのインタビューやアンケートを聞くことで十和田市の生活で感じた事も掲載している。北里大学は大学の周りにアパートがたくさんある珍しい特徴がある。仲間の絆が強まる町だと後輩にも伝えたいと語った。あって当たり前の事には気が付かない事も多く、大学周辺にアパートがある事が珍しいことすら気が付かなかった。県外から集まる大学生から見て十和田市に住んでいる人が気づかない視点で十和田市の魅力を発見して欲しいと感じた。
 十和田生活情報誌ZEVは市民交流プラザ トワーレ エントランスホール、または十和田市民図書館で閲覧できる。
zevhoukoku.jpg