はたらくひと必読!仕事人!!

有限会社 サンポウ 代表取締役社長 古賀 崇さん

[はたらくひと必読!仕事人!!]
役職は変わっても自分は変わらない
これからを見据える35歳の若社長
kogatakasi.jpg
プロフィール 昭和55年9月18日生まれ(35歳)
十和田西高校を卒業後、東京の専門学校(東京法律杉並専門学校)に進学。宅地建物取引主任者の資格を取るために入学したが、この時は残念ながら取得できずに帰郷した。家業を学びながら働くも資格がないとなかなか認められない業界。焦らずに勉強し、24歳の時に宅地建物取引士(旧宅地建物取引主任者)を取得した。また、賃貸不動産経営管理士も取得し、会社の運営を学ぶ。平成27年10月2日に家業を継ぎ、35歳という若さで代表取締役社長として就任した。

 今回は今年10月に35歳の若さで有限会社サンポウの代表取締役社長として就任した古賀崇さんを訪ねた。
 趣味は年間を通して取り組んでいるサーフィン、秋祭りも重要な役割を任されている。本人曰く、性格は面倒くさがり屋であまり人の上に立つのは好きではないようだが、波の上と人の役には立つのは好きなようだ。頼まれると手を抜かずやってしまうのは長所でもあり短所でもあるという。
 仕事内容はお客様と建設業などの間に入って重要な説明義務や管理代行などをする事で、宅地建物取引士(略称・宅建士)と呼ばれる資格がないと信用を得る事は出来ないという。今では笑い話となるが東京の専門学校へ行くも残念ながら資格を取る事は出来ずに親には謝ったと言う。20歳で帰郷してからの4年は下積みを重ね勉強しながら会社で働いた。そして24歳の時、念願の国家資格・宅建士を取得した。
 古賀さんは10年前も社長となった現在も基本的な考え方は変わらない。しかし変わっていく現状には対応しながら会社の運営を考えていきたいと語った。
 地域の未来の事を考えると一人では出来ない事の方が多い。これからは経済的にも厳しくなっていく事がわかっているからこれまで、これからの人との出会いを大切にして、いろんな分野で協力しながら会社も十和田市も良くしていきたいと想いを語った。
 気さくでフレンドリーな一面の他にある熱い想いや代表としての責任の重圧。これからの時間の使い方を考えながら仕事もプライベートもきちんとやれる人になりたいと語る古賀さんのこれからの活躍に期待したい。