はたらくひと必読!仕事人!!

株式会社 パワフルジャパン十和田 施設管理責任者/駅長 竹ヶ原 康輝さん

[はたらくひと必読!仕事人!!]
通り道の駅から目的地へ
十和田市の魅力を発信する道の駅とわだの駅長
takegaharayasuteru.jpg
プロフィール 昭和44年12月1日生まれ(46歳)
十和田工業高校を卒業後、東京の専門学校(東京読売理工専門学校)情報処理科に進学。卒業後は帰郷し、三八五観光(株)三沢空港営業所でフライトプランや航空機との無線交信などの業務につき、20年間勤務するが40歳の時に一身上の都合で退職することとなった。退職後は業種の違う仕事を経験し、当時の道の駅(良品開発)で駅長募集があり、駅長として勤めたが事情により一時退職することになった。その間、道の駅が良品開発から(株)パワフルジャパンに指定管理者が移行することとなった。退職後は別の仕事についていたが駅長職の経験から声を掛けられ今年4月に再び駅長となった。

 今回は道の駅とわだの指定管理を受託している株式会社パワフルジャパン十和田の駅長、竹ヶ原康輝さんを訪ねた。
 駅長となったのは今年の4月、20年間は十和田市外の三沢空港で働いていた竹ヶ原さんは事情により退社後、道の駅とわだ(当時の指定管理者は良品開発)で働くことを決めた。そこで十和田市の魅力やポテンシャルに気付かされ、野菜やハーブ、加工品の地産品などを市内外へ発信していきたいと感じたと言う。
 一時、駅長を退いた時期もあったが気持ちは変わらずNPO法人から立ち上げた(株)パワフルジャパン十和田が道の駅とわだの指定管理者となってから声を掛けられ再び駅長として就任する事となった。竹ヶ原さんは以前やり残した事を成し遂げるためにも新たに挑戦もしていきたいと秘かな想いを語った。今までは「目的地の途中」にあるのが道の駅だったが、今は地産品やお土産などを充実させイベントなども企画し「目的地自体となる」ように試行錯誤している。
 青森県では唯一のプロバスケットボールチーム・青森ワッツの後援企画や十和田ふぁみりーずでの一次産業の地産品発信はもちろん、六次産業化の商品開発にも積極的に協力し、加工品など十和田市に関する食や情報など充実させ、道の駅から十和田市の魅力を発信していきたいと語った。