生徒諸君!青森の子ども

平成27年度 第4回 生徒の学習成果発表会 十和工生徒の形を変える「ものづくり」

[生徒諸君!青森の子ども]
 平成28年2月3日に青森県立十和田工業高等学校(以下、十和工で略)で平成27年度の生徒の学習成果発表会が行われた。
 機械・エネルギー科はBDF(バイオディーゼル燃料)の燃料発電の製作研究を発表。電気科は自動管理できるITプランターの製作研究を発表した。有効利用できれば北国の課題でもある冬の農業を助ける事が出来るかもしれない。
towakou1.jpg
 電子機械科は修学旅行先で見て感動した伝統技術(鍛造)のダマスカス模様の包丁の製作に挑戦。また、競技大会に向けて製作した自作ロボットを実演した。電子科では縦スクロールゲームの作成等を発表した。業種は違えど「ものづくり」に関する知識や技術の高さは十和工ならではのものと感心した。
towakou2.jpg
 建築家ではリサイクルをテーマに畳ベンチからごみ置き場に形を変えて再利用する「リユースものづくり」への挑戦を発表した。製作技術だけではなく生徒らの環境に対する意識も高く教育されていると感じた。
 研究発表の最後は放送委員会が十和田市で開催されたB‐1グランプリinとわだを応援しようと企画した「宇宙から見えるB‐1をつくろうプロジェクト」の成果を発表した。この様々な研究や経験を活かし社会に出る三年生たちが後輩たちに伝え、新しいものが生まれる。十和工の「形を変えるものづくり」はこれからも続く。