はたらくひと必読!仕事人!!

十和田乗馬倶楽部 代表取締役 ウエスタン乗馬インストラクター 上村 鮎子さん

内閣総理大臣賞を受賞!!
ふるさとイベント大賞の「桜流鏑馬」
kamimurayabusame.jpg
散らない桜は未来を射貫く
馬と共に駆け抜ける女流騎手
kamimuraayuko.jpg
(プロフィール)昭和46年2月3日生まれ(45歳)
十和田市出身。七戸高校を卒業後、東京の建築関係の専門学校に進学。卒業後はフリーターとして働き、22歳の結婚を機に地元に帰郷した。実家の手伝いをしながら27歳の頃に正社員として入社し、運命の馬と出会う。
 女人禁制・男だらけの伝統技の流鏑馬の美しさと魅力に感動。盛岡八幡宮流鏑馬の師範に弟子入りし、流鏑馬を競技化したスポーツ流鏑馬に女性として初めて大会に参加し、初挑戦・初優勝の快挙を成し遂げた。
 32歳で乗馬のインストラクターを取得し、馬のまち、十和田市を盛り上げようと駒フェスタや桜流鏑馬などの大会を企画し、体験できる観光型事業として海外へも発信している。このたび第20回ふるさとイベント大賞の「桜流鏑馬」が内閣総理大臣賞を受賞し、年々増加している女流騎手の第一人者として現在も活躍中だ。

仕事人・上村鮎子
 今回は第20回ふるさとイベント大賞・内閣総理大臣賞を受賞した「桜流鏑馬」その第一人者として活躍している農業法人㈲十和田乗馬倶楽部の代表取締役兼ウエスタン乗馬インストラクターの上村鮎子さんを訪ねた。
 177㎝の身長からか堂々とした雰囲気で、何でも思ったことを正直に話してくれるような男気ある女性という印象の上村さんは流鏑馬の世界に飛び込んだきっかけとこれからの目標を話してくれた。
桜流鏑馬の誕生
 流鏑馬は800年から1000年の歴史ある神聖な伝統競技で女人禁制だった。最初は男性が守ってきた儀式的な馬術競技で女性がやるものではないと思った。しかし、現在は乗馬人口の女性の割合が増えてきたこと、スポーツ競技として楽しめるようになったこともあり、女性への普及を考える。どうせやるなら本物を覚えたいと盛岡八幡宮流鏑馬の師範に弟子入りし、初参加の大会で初出場・初優勝の快挙も成し遂げた。
 桜流鏑馬はただ馬に乗って矢を射るのではなく伝統ある流鏑馬の作法や姿勢を大切に考え、そこに女性ならではの華やかさを加える事で観る人にも楽しみを与えたいという気持ちと、当時愛情をかけて乗っていた馬が弱ってきて最後に花道を作ってあげたいとの想いもあり、全国で唯一の女性だけのスポーツ流鏑馬「桜流鏑馬」が誕生したという。
 春の桜舞う季節の女流騎手の祭典、桜流鏑馬だけではなく、秋の枯れ葉彩る駒フェスタは季節と景観を感じながら観るだけでも楽しめる。コースは200m、実際は射る区間110mを馬に乗て両手を離し、9秒以上10秒未満で駆け抜けながら3回射貫かなくてはならないため、かなり高度な技術も必要だと教えてくれた。
継続と連携は力なり
 もちろん最初から何でも上手くいったわけではなく苦労も多かった。自分は詰めが甘く周りの人に助けてもらい連携が上手くできた事もある。若い頃はすぐ結果を求めていたが、今は流鏑馬を通して我慢する事と物事を坦々と進める事を覚えた。また、女性が見栄えするような衣装や色使いなどにも気を配ったり、馬のまち十和田市のイベントとして恥じないような内容を作っていかなくてはと企画し、今年で第13回目となる。それの活動が去年の十和田市の地域資源として認定されたことや今年の内閣総理大臣賞につながったと思うと語った。
滞在体験型観光事業の実現へ
 現役は続けられる限りやっていきたいが、いつでも裏方に回れるように準備もしていきたいと語る上村さんが次に目指すものは外国人の体験型観光事業だという。十和田市の活性化のため外貨を稼ぐ意味でも、世界に通じる十和田市の新しい文化として根付くためにも情報を発信したり、魅力あるイベントとして女流騎手の拡大などをしていきたいと語る。結果として外国人を誘致し滞在した事によって宿泊・飲食などの利益や他の観光事業との連携も準備できればと目標を志しているようだ。十和田市活性化のためにも、これからも桜流鏑馬と上村さんの活躍を期待したいと感じた。