ローカルニュース

十和田市立切田中学校と台湾・陽明中学校の国際交流

[ローカルニュース]
 5月25日に十和田市特認校である切田中学校に台湾から陽明中学校が訪れた。
 これは十和田市の農家に滞在し、農業や農家体験を陽明中生徒がすること、民族舞踊や英語の授業交流を行い将来の国際人としての育成を図るために企画された。
 切田中は全校で48名(三年生18名・二年生9名・一年生21名)で地域外からの入学も許される特認校としてある。陽明中は全校で3000人を超える大きな学校で互いに想像も出来ないような環境の違いに驚きを感じていたようだ。始めに塚本ゆかり校長が通訳を交えて挨拶をし、学校の特徴を伝えた。次に生徒がスライドショーを使って英語と日本語で学校生活の活動を紹介した後、ヴァイオリン演奏で陽明中生徒を歓迎した。
 次に台湾・陽明中生徒が台湾先住民舞踊を踊り、台湾民謡をヴァイオリン、フルート演奏と共に披露し歓迎を交歓した。陽明中学教師の学校紹介では生徒数の違いや文化や常識の違いはある。お互いの国の文化を学べれば嬉しいと挨拶した。
 今回の国際交流の主な内容では交流授業や交流給食会、農業体験などがある。国や言葉が違っても子供たちはすぐに打ち解け楽しそうに交流を深めていた。日程、内容についてのお問い合わせは...017‐728‐0131青森中央学院大学国際交流課(野呂香織)迄
kiritataiwan.jpg