ローカルニュース
  • 十和田市現代美術館の写真1
  • 十和田市現代美術館の写真2
  • 十和田市現代美術館の写真3
  • 十和田市現代美術館の写真4
  • 十和田市現代美術館の写真5
  • 十和田市現代美術館の写真6
  • 十和田市現代美術館の写真7
  • 十和田市現代美術館の写真8
  • 十和田市現代美術館の写真9
  • 十和田市現代美術館の写真10
  • 十和田市現代美術館の写真11

商店街美術館で大宮エリーさんが手紙描く

[ローカルニュース]
 5月24日に市内の商店街に4つある商店街美術館の1つ、「アトリエとわだ」でアーティストの大宮エリーさんが展示会場となる店舗で公開製作をした。これは企画展の一環で十和田市現代美術館での展示以外に十和田市で生まれた自身の作品を観てもらおうと実施した。
 会場に到着すると、大宮さんは裸足で軽装、手には塗装で使うローラーを持って音楽を聞きながら壁に貼った巨大なキャンパス(縦2m×横8m)を見つめる。
 大宮さんは普段はテーマを決めないで作品を生み出すが、以前十和田市を訪れた時(過去6回)に十和田湖の冬を体験した。その時に雪で埋もれそうな木を見て夏へ向かう強いエネルギーを感じたという。
 描き始めると、初めて見る人は驚くだろう豪快な作風。飛び跳ねながら息を切らしながら身体とローラーを使って大きなキャンパスに色を加えていく。冬がテーマなので枯れ木と白い雪を描いたところで一度見つめる。そこから黄緑色の絵の具を手に付けてどんどん緑を増やしていった。始めに言ってた冬に向かうエネルギーが溢れんばかりの冬の十和田が完成した。
omiyaerii1.jpg
 作品を描き終えた大宮さんは「美大でも何でもない自分が言葉にならない感情や時間を表現できればと辿り着いたのが絵だった。道端にある花を見ても感動できるくらい自然をリスペクトしている。絵は手紙、伝えたものが一人一人どう受け取り感じるのか楽しみ。」とコメントしてくれた。美術館での企画展は大宮さんにとって初の個展となる。商店街美術館は十和田市現代美術館でパスポート(300円)を購入すると観覧できる。お問い合わせは...0176‐20‐1127迄
omiyaerii2.jpg