編集長のたわごと

今後100年、200年と続く戦争をしない日本をつくろう

[編集長のたわごと]
 約1万5000年続いた縄文時代は戦争はなかったという。この時代に火焔土器にみられる土器や漆の文化が生まれた。漆の使用は中国より早いという研究者もいる。
 弥生人が日本列島に入ってきて初めて戦争が始まる。古墳、飛鳥、奈良、平安、鎌倉、室町、戦国時代を経て信長、秀吉、そして徳川時代に入り約250年間、小さなこぜりあいはあったものの戦争といわれるものがなかった。この時代に歌舞伎や浮世絵、文学など庶民の文化が発展した。画家若沖の光の変化の描写はフランスの印象派より100年も早かったという。この時代の識字率農民から一般庶民まで世界最高であった。
 そして戦後70年、第二次世界大戦の教訓から一度も戦争をしていない。日本にはこのように戦争をしない文化がある。
 戦争は科学を発達させるが、平和は文化を発展させる。科学は空を飛ぶという人類の夢だった飛行機を作ったが戦争に利用された。一度に何十万人と殺すことができる原子爆弾を発明した。ロケットはもともと爆弾を積み遠くまで飛ばすために発明された。今は遠隔操作による無人機が戦争の道具として使われている。
 ダイナマイトを発明したノーベルは死の商人といわれたことをきっかけとして、それを悔いてノーベル賞を創設した。
 7月10日に参議院選挙が行われる。この選挙は日本は再び戦争をする国になるか。それとも平和国家としてこの先100年200年と続くか、その分かれ目の選挙である。悔いのない投票をしよう。