ローカルニュース

想いを叶えた15年 ビッグプレイン堂々完成!!

[ローカルニュース]
 7月20日に菓子容器製造の「ビッグプレイン株式会社」の新社屋・工場の内覧会が行われた。
biguplein.jpg
 主催者挨拶として代表取締役の平野訓弘氏が「工場だとは思えないような明るい職場、ゆとりある空間を作りたかった。細部にも細かな工夫もあり、商品にも働く人にも安全・安心な工場が完成したと思う。子育てする女性にも働きやすい環境があり、現在は約40名の雇用をしている」と挨拶してから完成までの想いを語る...「私は岐阜県にある本社(平野紙器)からは誰も連れてきていない。自分の工場に対する想いを試してみたくて父の元を離れ、縁のあった十和田市に1人で来た。東十五番町に1店舗目を創業、2年弱で穂並町にある空き店舗を借りて移転した。誘致企業として、外からきた人間として、築き上げてきた信用が工場完成につながったと思う」とこれまでの決して楽ではなかった道のりを思い出すように語り、仕事のパートナーとしてこれまで二人三脚で歩んできた気田さんに感謝の言葉を贈った。
 設計を担当した㈱石川設計の専務取締役高谷さんは「初めは2001年に工場の最初の図面を作った。震災などの苦難もあったが平野さんの会社を起ち上げる想いを受けて今の工場が完成した事を嬉しく思う」と挨拶。小山田市長からは「十和田市で起業してくれて本当に嬉しい」とお祝いの挨拶をした。
bigpleren.jpg
 それから内覧会に集まった参加者は徹底した衛生管理を受け、エアシャワーを通り工場内を見学した。女性が働きやすい環境を証明するかのように圧縮や型抜きの機械や細かく素早く選別検査する従業員、埃すらないようなきれいな職場があった。女性が働ける職場として、菓子容器を製造する工場として、これからの発展を期待したい。
biguplean3.jpg