生徒諸君!青森の子ども

三本木中学校サッカー部 23年ぶり5度目の全国大会出場!

[生徒諸君!青森の子ども]
 十和田市立三本木中学校サッカー部が第37回東北中学校サッカー大会で第3位の成績を収め、23年ぶりとなる全国大会の出場を決め、その報告を兼ねて小山田市長を表敬訪問した。
 予選ではほぼ無失点という「4‐1‐4‐1」の守りのチーム。東北大会準決勝で東北学院(宮城1位)に4失点を許し敗戦したが3位決定戦では持ち味の守りを活かし、遠野(岩手1位)を2‐0で下し、全国大会出場を決めた。
 小山田市長は「去年のB‐1グランプリでは三本木中学校生徒らには協力してもらい力になった」と御礼し「青森県代表として全国で暴れてきて欲しい」と激励した。三本木中学校サッカー部員は全52名(うち3年生は21名)、その競争の中でユニフォームをつかみ取った選手らは実力と自信を兼ね備えているだろう。キャプテンのディクソン太陽くんは「チームでは先輩のベスト16の記録を超えるベスト8を目指し、個人では自身の力を発揮したい!」と市長に意気込みを伝えた。
 監督の力石健さんは、十和田市はサッカーをする環境がある。1人1人の個性を発揮させれるように頑張りたいと話した。全国大会は8月20日から25日までの5日間、富山県で開催される。
sancyuusakkazenkoku.jpg
 ※追報/全国大会戦績/一回戦・神村学院中等部(鹿児島)2‐2(PK4‐3)で勝利/二回戦・東北学院中学校(宮城)0‐1で敗退となった。