ローカルニュース

平成28年度中学生ボランティアスクール 助け合いを学ぶ生徒たち

[ローカルニュース]
 社会福祉法人十和田市社会福祉協議会が主催となり、市内の介護福祉施設や保育園などに市内中学生を対象とし、ボランティア体験を通じて心を育てようと中学ボランティアスクールが開催された。これは昭和63年から始まっている事業で今回で29回目となる。
 今回は35名の中学生が参加。1日目は開校式があり、車椅子の使い方や介助方法などを演習、高齢者疑似体験など体験した。2日目は実際に市内12ヶ所の介護福祉施設や保育園に移動し、ボランティア活動を体験。3日目は市内ふれあいいきいきサロンで世代間交流を体験した。
 高齢者から園児まで周りの助けが必要な世代との触れ合いで何を感じて何を学んだかを市民交流プラザトワーレでグループごとにまとめて発表。今回のことで周りに思いやりをもって接し、共に助け合うことの大切さを学んで中学生ボランティアスクールは閉校した。
boranthiataike.jpg