生徒諸君!青森の子ども

平成28年度 第1回 とわだhighschoolフェスティバル 高校生が小学生に学校の魅力を発信!

[生徒諸君!青森の子ども]
 【三本木農業高校】
 10月8日に小学生のための食と文化の体験教室と題して、三本木農業高等学校加工室で農業経済科の生徒らが「焼肉のタレづくり」を行った。参加した市内の5年生から6年生の子供たちはエプロンと長靴に着替え、一から作るタレ作りを体験した。慣れない包丁での切り方や、目に染みる玉ねぎに苦戦しながらも高校生の話しに耳を傾け一生懸命に作業した。器用に手際よく調理する高校生に見えたが、実は三農生徒らも教えるために練習していたと先生が教えてくれた。モノを覚えるには教えてもらうより、教える側になったほうが覚えるものなのかもしれないと感じた。
sannouhaisukur1.jpg
sannouhaisukur2.jpg
 リンゴや玉ねぎ、人参やニンニク、生姜などを切ったり、摩り下ろしたりしながら調味料と合わせ、自家製のタレを完成させた。その後、バーベキューでお肉を焼き、自分たちで作ったタレをつけて美味しく食べた。

 【十和田西高校】
 10月15日は小学生のための奥入瀬渓流魅力発見と題し、十和田西高校観光科生徒のガイドによる「奥入瀬渓流探検」が開催された。バスで石ヶ戸まで移動し、そこから渓流沿いを歩きながら名所を観光する。その名前の由来から歴史を知りながら、自然の偉大さを身体で感じる。石ヶ戸から屏風岩、馬門岩を眺め、名のある渓流の特徴を観察する。昔、道路や橋がなかった時代では川を渡って進んだという。約1時間かけて目的地の「雲井の滝」に到着。高い断崖から段々に流れ下る滝の迫力に子供たちは魅入っていた。
nisikouhaiskr1.jpg
nisikouhaiskr2.jpg
 これで第1回目の「とわだhigh schoolフェスティバル」は終了。十和田工業のものづくり、三本木高校の科学の不思議、三本木農業の食育、十和田西校の自然観光で体験し学んだ子供たちは近い将来、何を目指すのかの指針を決めるきっかけが見つかったのかもしれないと感じた。