ローカルニュース

ゲートボールチームが国体優勝!

[ローカルニュース]
 9月17日18日に開催された第71回国民体育大会で青森県代表として十和田市のゲートボールチームが参加し、見事に優勝を収めた。大会は全国から16チーム、公式競技ではなく公開競技として開催されたが日本発祥のスポーツとして58ヶ国が参加する世界大会まであるという。ゲートボールは高齢者のスポーツというイメージが強いが、大会は10代や20代が多く参加している。青森県チームメンバーは「監督/久米田勇二(75)・市沢賢三(71)・小笠原民雄(66)・蛯名啓一(59)・東亮太(22)・清藤隆厚(24)」で構成。1人持ち点が5点で5人で、25点がパーフェクトゲームとなる。決勝では新潟県と対戦し、最高の25点を取って優勝した。
 10月28日には小山田市長に結果報告の表敬訪問をした。ゲートボールの魅力は力よりも頭を使う戦略的なスポーツ。高齢者から子供まで楽しめるのでもっと地域に広げていきたいと語った。
gateballyusyou.jpg