ローカルニュース

B‐1グランプリin東京・臨海副都心 東京で十和田市の魅力発信!!

[ローカルニュース]
 11月9日に十和田バラ焼きゼミナールが12月3日・4日に開催される「2016B‐1グランプリスペシャルin東京・臨海副都心」の出展に伴う合同記者会見を行った。今回は出展団体ではなく、自治体(十和田市)として出展する。また、ゴールドグランプリを決めるわけではなく「行きたいまち、住みたいまち、応援したいまち」を投票によって決める大会となる。
 都心ということもあり、来場者見込は40万人を超える事が予想できる大きなイベントとなる。十和田バラ焼きのブースでは奥入瀬渓流の魅力を伝えるため苔丸め職人の起田高志さんを呼び「苔玉作り」を教える。また、市職員が十和田市の観光パンフレットを配ったり、移住に関する相談を受け付けたりもする。今回は学校行事の都合のため学生は連れていくことができないため「ゴミいただき隊」のボランティアスタッフを5名募集。交通費・宿泊費は無料となる。40万人の1%でも移住や観光を考えてくれれば十和田市の活性化に直につながる大会と言えるだろう。
barazemitoukyo.jpg