生徒諸君!青森の子ども

地域をつなぐ「きみがらスリッパ」

[生徒諸君!青森の子ども]
 11月8日に三本木農業高等学校植物科学科生徒44名が三畑喜一氏所有のデントコーン圃場で「きみがらスリッパ用デントコーンの収穫作業」を行った。
 十和田市の伝統工芸である「きみがらスリッパ」を守るとともに地域との交流を深め、地域貢献を目的とした姿勢を育てるために三本木農業高等学校植物科学科の授業の一環として十和田きみがらスリッパ生産組合と協同し活動している。当日は植物科学科の選択科目である野菜研究室の3年生7名が主に指導にあたり、2年生10名と一年生27名で組合員の説明を聞きながらデントコーンの雌穂の収穫ときみがらの皮剥き作業を行った。今年は台風などの影響で去年よりは収穫は少ないらしいが量は多く、慣れない皮剥きにコツをつかむまでは苦戦していたようだが会話も楽しみながら作業をしていた。
sanononoudento1.jpg
sanononoudento2.jpg
 このきみがらは乾燥させてから冬季期間に生産組合の手で一つずつ編み込まれていき、一日に1個ずつ完成されるようだ。三農では手芸部の協力も得て、きみがらスリッパ作りにも参加。また、今回は十和田工業高等学校の機械・エネルギー科とも協力しスリッパ作りに必要な作業台を製作した。担当の佐々木秀幸教諭は「これからは1つの「ものづくり」に、特色のある地域の高校と連携していき、地域活性化にもつながるように取り組んでいきたい」と語った。