はたらくひと必読!仕事人!!

合同会社くらしラボ 代表 橘 友博さん

[はたらくひと必読!仕事人!!]
仕事と人と地域をつなげる
介護支援のプランナー
tachibanatomohito.jpg
~橘友博さんプロフィール~  昭和55年7月16日生まれ(36歳)
 八工第一を卒業後、東京の福祉専門学校に進学し、20歳で帰郷してからは十和田湖会(社会福祉法人)特別養護老人ホーム湖楽園に勤める。34歳までケアマネージャーとしての仕事などを学び、独立を決断する。忙しい中ではあったが、じゅんちゃん一座の長男役で活躍しながらも平成27年10月に目標を叶え、「合同会社くらしラボ」をオープンした。

 今回はじゅんちゃん一座の長男役でも活躍中で去年10月に「合同会社くらしラボ」を起ち上げた橘友博さんを訪ねた。学生時代は柔道や極真空手で活躍していたという橘さんは、武道とは全く縁のなさそうな介護福祉の道を選んだ。そのきっかけは、亡くなったお祖父さんを介護した時に自分には出来ない事が多かったという後悔からだった。
 東京の福祉専門学校を卒業してからは地元に帰郷し、介護福祉士として実務しながら難関でもあるケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を27歳の時に取得。介護だけではなく、利用者が何が必要で、どう支援すればいいかの計画を立てる役職となった。約14年間、湖楽園で働きながら目標であった独立を決意。平成27年10月に「合同会社くらしラボ」を設立した。
 現在は社長兼ケアマネージャーとして勤務し、病院や地域支援センターなどから依頼を受け、利用者の様々な要望がきて応えるのが仕事だが、何から何までやってしまうと金銭的負担も上がり、利用者が自立できなくなってしまう。そのため必要最低限のサービスで最大限の満足を得てもらうための計画を立てる。近い将来、高齢者は全体の30%を超えるため、生きがいや楽しみをもって生きていける社会。地域で見守り支え合う地域づくりを目指していきたいと語った。
 また、今後の目標としてはシニアの有償ボランティア事業も企画し、地域のコミュニティも復活させていきたい。仕事と人と地域のつながりの間に立てる仕事に誇りを持ってこれからも頑張っていきたいと語った。合同会社くらしラボへのお問い合わせは...0176‐58‐6429迄