幻の穴堰ニュース

「幻の穴堰」150年の眠りから覚める

[幻の穴堰ニュース]
新渡戸十次郎未完の「幻の穴堰」オープン

anazeki1.gif
 地元の人たちから通称「幻の穴堰」と呼ばれていた新渡戸十次郎未完の穴堰が、私財を投じた実業家中野英喜さんによって150年の眠りから覚めた。

anazeki3.gif
 この「幻の穴堰」は、新渡戸傳 が安政6年(一八五九)に稲生川を開削して三本木平に上水したが、三本木平は火山灰土 で漏水がひどく思うように上水できなかった。
 そこで新渡戸十次郎がその7年後の慶応2年(一八六六)にもう一本稲生川を通そうとしたが、十次郎の死去により950㍍掘ったところで未完に終わってしまった。最初の稲生川は十和田市の中里から上水しているが、この穴堰は約3・5㌔先の百目木から上水しようとしたものであった。

anazeki2.gif
 さらに驚くのは、当時ばんづるやてんばづる、なかづるなど使って掘ったその工事跡がさも昨日掘ったかのようにほとんど崩れておらず、当時の測量や工事の技術を見ることができる。そして管理棟の500㍍の範囲内に、「幻の穴堰」他、稲生川鞍手山出口、国営稲生川鞍手山出口、岩手から来た穴堰の技術者集団の記念碑「山の神」の碑があるなど、三本木開拓の八割方を説明できる。
 またこの穴堰には5種類のこうもりがおり、こうもりの生息地であることがわかった。

anazeki4.gif
 150年前の工事跡。上右はなかづるで砂岩を削ったときの跡。上左はてんばづるの跡。なかづるとてんばづるの摩擦跡が、150年経った今でもさも昨日工事したかのように光って見える。この砂岩は360万年~260万年前の浅い海に堆積した砂が隆起し固まったものである。
 クランク状の穴堰。左右から掘って中間でれたところを調整したところである。

anazeki8.gif
穴堰の中には5種類のコウモリが棲んでいる。

anazeki5.gif
第4横穴の出口と眼下に見える奥入瀬川。約37㍍の標高差がある

anazeki9.gif

anazeki10.gif
管理事務所及びその内部