夢追人ニュース

十和田湖の新しい魅力を探る/明治の芝居小屋「康楽館」

[夢追人ニュース]
kourakukan10.gif
 「十和田湖は一つ」これは昨年、低迷する十和田湖観光の復興を目的に立ち上げた「NPO十和田湖未来」のスローガンのひとつである。これまで青森県側から神田川を越えて秋田県側に行くことはあまりなかった。しかし、観光客にとって十和田湖に青森県も秋田県もないのである。
 秋田県側の西湖岸には、十和田湖が「日本新八景」に第1位で選定されたのを記念して昭和6年(一九二七)建てられた紫明亭展望台、ひめます孵化場、そして昭和15年(一九四〇)に行われる予定であった東京オリンピックの外国人観光客のために昭和13年(一九三八)に建てられた十和田ホテル、十和田湖からわずか30分の小坂町には明治の芝居小屋「康楽館」、小坂鉱山事務所など歴史的建造物がたくさん残されている。これらはすべて十和田湖圏 である。
 この「十和田湖の新しい魅力を探る」では青森県側から行く秋田県側の十和田湖の魅力を紹介する。まず最初は明治の芝居小屋「康楽館」から紹介しよう。
 案内は、話術巧みな高橋竹見館長


kourakukan1.gif
kourakukan2.gif
 「康楽館」は明治43年(1910)に小坂鉱山が鉱山で働く人たちの厚生施設として建築された。今年で106年ということになる。その外観は、白く華麗な下見板張りで、館内の天井は八角形の枠組みの中央にチューリップ型の電燈があるなど洋風建築である。が、館内は桟敷や花道、その花道にはせり上がるすっぽん(切穴)があるなど、江戸時代の伝統的な芝居小屋と、和洋折衷の芝居小屋である。


kourakukan3.gif
 この「康楽館」を救ったのが俳優で庶民芸能研究家の小沢昭一である。建物の老朽化とカラーテレビの普及で昭和45年(1980)に一般興業は中止され取り壊しが決まっていた。そんなときに訪れた小沢昭一は「こんな貴重なものを何故取り壊すんだ。取り壊したら後々まで国賊国賊になるぞ」といった。当時の町長は議会の反対を押し切って、自分の財産を担保にいれる覚悟をしてを保存したという。



kourakukan5.gif

kourakukan4.gif
 観客はむかしながらの桟敷の中で観る

kourakukan7.gif
舞台大きな周りになっており、舞台展開はこれを黒子2人で廻す


明治の輝きを今に伝える小坂鉱山事務所

kourakukan11.gif