はたらくひと必読!仕事人!!

☆ 今月のスポットライト ☆ 佐伯 知美さん

ゆっくりとした時間と空間で
教えるよりも伝えたい美術の面白さ
saekitmomi.jpg
合同会社スクール&カフェ友実家
主任講師 佐伯 知美さん
 今回スポットを当てたのは旧仏蘭西屋にスクール&カフェ友実家をオープンし、講師としても活躍する佐伯知美さんだ。(現在の姓は安田)
 昭和57年12月18日生まれ(34歳)旧東北町出身。三本木高校を卒業後は弘前大学教育学部生涯教育課芸術文化専攻に進み教育と美術について学ぶ。卒業後は七戸町立鷹山宇一記念美術館に勤務しながらも、七戸高校八甲田校舎(旧八甲田高校)や六戸高校の美術の非常勤講師としても働いた。
 7年間勤務した鷹山宇一記念美術館では教育普及を担当。地域の人が美術館に足を運んでもらえるようにワークショップなどを企画し講師として務める。諸事情があり29歳で鷹山宇一記念美術館を退職する。
 退職後は先生として美術を教えるよりも講師として美術の面白さを伝える事が好きなんだと気が付き、東公民館を借りてソープ&ベジタブルカービングや日本画の教室を始めた。喫茶店でバイトをしながら教室を開き、以前からつながりのあった出張講師も続けていた。借りている教室が時間枠で決められていて、あと少しで完成する作品も途中で終わらなければならない事もあり、ゆっくりとした空間と時間を作りたいとの想いは強くなった。フワっと考えていたイメージに少しずつ輪郭と色を付けていき平成27年10月21日にスクール&カフェ友実家をオープンする事となった。
 お問い合わせは...0176‐23‐6300/ホームページは...https://www.tomomika.com/Facebookでも教室の情報を発信している。