ローカルニュース

日本三大開拓地の交流

[ローカルニュース]
 1月27日から30日まで平成28年度日本三大開拓地小学生交流事業が開催された。福島県矢吹町、宮崎県川南町、青森県十和田市の交流は戦後の「日本三大開拓地」のもとに三市町の議会が中心となって始まった。終戦後に大規模な開拓が必要とされ、技術的にも困難な地区として国営開墾事業に決定。平成17年度からは三市町の輪番制による交流を実施していて今年が十和田市開催となった。
 27日は十和田富士屋ホテルに十和田市から17名、矢吹町から19名、川南町から20名の児童が集まり迎会を兼ねて交流を深めた。28日は稲生川土地改良区・美土里ネットの協力でDVDで上映し十和田市の開拓の歴史を説明した。それからは移動し、十和田市現代美術館・称徳館などを見学して回った。29日は十和田湖温泉スキー場で楽しくスキー体験をし、長いようで短い交流事業は終わった。
sandaikaitakukouryuu.jpg