ローカルニュース

奥入瀬モスボールを世界へ! 田島治男さんが応援の寄付贈呈!

[ローカルニュース]
kokekihu.jpg
 2月25日に市民交流プラザトワーレで奥入瀬モスボール工房の起田高志さんの海外PR活動に対して、市青少年補導委員の田島治男さんが応援したいと募金活動で取り組んだ全額を寄付した。田島さんは資源ごみの回収を原資に味付きゆで卵を1個50円で買っていただいた全額を寄付。十和田市の魅力発信につながる観光分野で支援したいと去年も寄付活動を行っている。
 奥入瀬モスボール工房の起田高志さんは元プロレスラーという肩書きがありこの程、作品への想いや地域への取り組み、人間としての個性を評価され、「奥入瀬ひょうたんランプ」を携えて海外で日本の作家50人の中の一人に選ばれニューヨークのギャラリーで展示する事となった。
 起田さんは「苔は日本の文化。日本の三大苔の十和田湖の魅力を伝えたい。募金は翻訳や印刷費にあてたいです」と田島さんに感謝の意を述べ、世界に発信するひょうたんランプへの意気込みを語った。当日は午後より「奥入瀬ひょうたんランプづくり教室」なども展開し、独身の男女の触れ合いの1つのきっかけとしても活躍している。