生徒諸君!青森の子ども

熱戦繰り広げる十和田おいらせライオンズ杯

[生徒諸君!青森の子ども]
 3月18日19日に県内・北東北の中学校から選抜された男子・女子各16チームが集結する第22回十和田おいらせライオンズバスケットボール大会が開催された。
 19日はブロック別に分かれた予選トーナメントを制して決勝トーナメントに進出した4チームが十和田市総合体育センターで優勝を競う。男子/田舎館中学校・十和田中学校・佃中学校・藤崎中学校、女子/田名部中学校・三本木中学校・八戸第一中学校・田舎館中学校が熱戦を繰り広げた。
 決勝に駒を進めた女子の対戦は八戸第一中学校と三本木中学校。序盤から激しいディフェンスで流れを作りたい八戸第一に引かずに攻める三本木、イージーシュートが決まらないなど点差は離れず前半は29‐28で三本木が1点リード。後半は八戸第一の10番・吉田咲希さんのリバウンドが随所で冴えわたりゴール下を守るも3Q終了時は46‐41で三本木が突き離す。最終Qは三本木の得点が止まる時間が増え、徐々に差を詰められ最後はゴール下のシュートを確実に決めた八戸第一の逆転勝利。56‐53で八戸第一が優勝し、惜しくも三本木は準優勝となった。
raionzuhachiichi.jpg
↑接戦を制し優勝した八戸第一中学校女子 ↓準優勝の三本木中学校女子
raionzusanncyuu.jpg
 男子決勝は十和田中学校と佃中学校。佃は183㎝の4番・小野功稀くんを攻守の中心に置き、速攻を中心としたアーリーオフェンスで攻める十和田と対戦。前半はお互いに攻め続ける内容だが点数が互いに入らない展開となり21‐17の十和田リードで終了。後半は攻守がかみ合ってきた十和田が佃との点差をじわじわと離し流れをつかんだ最終Qに一気に差を広げ56‐33で優勝した。
raionzutowacyuu.jpg
↑優勝した十和田中学校バスケットボール部男子 ↓準優勝の佃中学校男子
raionzutukuda.jpg