はたらくひと必読!仕事人!!

南舘はり・きゅう・マッサージ治療院 院長 南舘 輝夫さん

見えてなくても触ると診える
全盲のマッサージ指圧師
minamidateteruo.jpg
~南舘 輝夫さんプロフィール~
 昭和25年10月14日生まれ(66歳)十和田市出身。生まれながらに弱視だったために青森県立盲学校に通い、はり師免許・きゅう師免許・あん摩マッサージ指圧師免許の資格を取得。卒業後は十和田市に在った整体院に勤め、昭和49年に独立し、自宅営業を始め、現在開業43年目となる。

 今回は十和田三沢線通りの東小学校の少し手前を曲がった所にある「南舘はり・きゅう・マッサージ治療院」の南舘輝夫さんを訪ねた。昭和49年から創業しているという昔からある治療院の院長・南舘さんは生まれつきの弱視で盲学校を卒業し、あん摩などの資格を取得。全盲の人が少ない十和田市では住む事に不便も多そうだが慣れてしまったのか大変さは感じないという。
 当時は晴眼者の規制もあり、全盲の人が生きるための職として唯一の職業であったあん摩マッサージ指圧師。現在は晴眼のマッサージ師や整体師も増え、開業どころか就職も難しい時代になってきているという。しかし、宣伝などは一切せずに昔から来てくれている患者さんの紹介や評判の口コミだけで今でも30代から肩こりや腰痛で悩むお客様が多く来院してくれている。
 南舘さんは見える人とは違い第6感のうち、何かが不自由になると他の感覚が鋭くなる。視覚の代わりに触覚と聴覚は敏感になったかもしれないという。これは見える人には絶対にわからない感覚で開業してから43年目となる今でもお客様が増えている理由の一つでもあると感じた。
 安心・安全でしかも安い。10分1000円の整体が増えてきている現在でも1時間2000円という診療代はそのまま。なんと20年以上も料金は変えてないというから驚きだ。治療に関するお問い合わせは...0176‐22‐0209迄。