催物案内|音楽

寺山修司フェスティバル2017思い出語るトークショー

[催物案内, 音楽]
 5月3日から5日の3日間、三沢市の寺山修司記念館で「寺山修司記念館フェスティバル2017」が開催された。特別企画展として「寺山修司とマンガ」も開催。「あしたのジョー」で話題となった力石徹の告別式の様子なども展示され、常設展示はもちろん、屋外多目的スペースでは人気の「ムシムシコロコロパークJr」や三上博史ライブ「あしたはどっちだ!‐あしたのジョー‐」が開演。記念館にはたくさんの来場者が訪れた。
terayamakoropark.jpg
 20周年記念として4日には生前交流のあった竹宮惠子トークショー「寺山修司とマンガ」が展示室で開催され椅子が足りなくなるほどの来場者で会場は埋め尽くされた。
terayamataidan1.jpg
 トークショーは漫画家であり、京都精華大学学長も務める竹宮惠子さんとアートディレクター・寺山偏陸さん、テラヤマ・ワールド代表であり寺山修司記念館の副館長・笹目浩之さんの3人で開演された。トークは昔話しから始まる。竹宮さんが当時住んでたボロアパートの大家に頼まれて寺山氏のサインを貰いにいったのがきっかけ。演劇や短歌など素晴らしい才能をもつ寺山氏と出会い、その短歌を漫画にする練習をした。17歳で漫画家デビュー。中学生向けの少女コミックに不倫や同性愛などのハードな内容を表して話題となったという。また、様々な作品からは知ることが出来ないプライベートでの寺山氏との思い出を3人で語りながらトークショーは終了した。