ローカルニュース

青森第一食糧 有限会社 代表取締役 畑山 啓恵さん

[ローカルニュース]
父から継いだこだわりの黒にんにく
自信を持って広めたい青森の味力
hatayamahiroe.jpg
~畑山啓恵さんプロフィール~
 昭和57年6月30日生まれ。十和田市出身。三姉妹の末っ子として育ち、父親が子どもたちのためにと平成18年に起業した米の卸し業を手伝う。平成18年に父親の体調が悪くなり、その時奨められてた「黒にんにく」に興味を持ち、手探りで研究を兼ねて生産を始めた。ヨーロッパで開催されるモンドセレクションにも3度選ばれ、金賞を受賞するまでとなった。

 今回は現在全国で注目を浴びている「黒にんにく」を生産している「青森第一食糧有限会社」代表取締役・畑山啓恵さんを訪ねた。
 会社に到着し車を降りると、にんにくの食欲をそそる匂いが鼻に飛び込んでくる。昔はカラオケボックスだった場所を室(熟成庫)に改装し、会社を設立。黒にんにくを自社生産し全国に販売している。
 当時は黒にんにくの生産が少なかった時代、製造法も社外秘の会社が多く、初めは自分たちで一から研究しながら温湿度の管理や塾製法を編み出した。完成までに捨てる事となった多くのにんにくのおかげで海外のコンテストでも金賞を受賞するまでの品質となった。JAから直接ミネラルが豊富なにんにくを仕入れ品質管理にもこだわりがある。
 一番嬉しいのは電話で注文してくれるお客様から直接感謝の声が聞けること。熟成したにんにくの成分には様々な効果があると注目されている。昔は嫌だった亡くなった父親の手伝いも今では自分の生きがいとなり本当に感謝している。これからは女性であることを武器に、女性ならではの目線で出来ることにも取り組んでいきたいと語った。
 生産を始めた頃の夢は「全国に黒にんにくを広めたい」だった。それが叶った次の目標は青森県でしか買えない地域限定商品の開発だという。完成までは情報発信出来ないが今後に期待したいと感じた。ご注文、お問い合わせは...0176‐23‐7118迄