ローカルニュース

株式会社 日本の窓 木製サッシ十和田工場落成! 十和田で産まれる日本の窓

[ローカルニュース]
 5月17日に国内最大級の木製サッシ工場「株式会社 日本の窓」の十和田工場落成式が開催された。
nihonnomado1.jpg
 ㈱日本の窓は株式会社 東京組、株式会社 蒼星の森の系列会社でソーラー事業でつながりのあった太田牧場敷地に建設され、敷地面積848257㎡、建物面積279834㎡と広大な土地に大きな工場が建設された。外観は木と窓で出来たオシャレな木造のデザイン。落成記念のテープカットが終わってからは落成を祝う来賓らと工場見学を行った。
nihonnomado2.jpg
 内装はシンプルな作りで高い天井に床暖完備のコンクリートの床が広がる。設備機械はイタリアから最新の設備を導入し作業工程を見学する来賓を驚かせた。
 十和田市出身の㈱日本の窓 代表取締役 中野渡利八郎氏は「日本では残念ながら未だにアルミサッシの普及が多く木製サッシはまだ少ない。木製サッシの良さは自信を持って奨められる。見た目も美しく断熱性も高く結露のない窓をこの十和田工場から日本中に広めていきたい。最新の設備を導入し、完全受注型でどんな窓枠も作れるのが強み。また指導者はイタリア、東京から呼んではいるが地元雇用を推進し現在は20数名を雇用している。」と十和田市の地域活性化にもつなげられるようにと挨拶。
nihonnomado3.jpg
 「工場建設までは様々な困難もありましたが、みなさんの協力、多くの支援によって工場が完成したことは喜ばしいが、これはまだ戦場にたどり着いたばかりと同じ。これから武器(最新設備と従業員)を持って全国で戦うつもりで顧客を広げ価格も勝負していきたい。そして日本中を美しい町並みにしていくことが理想であり目標だ」と熱く語った。