はたらくひと必読!仕事人!!

☆ 今月のスポットライト ☆ 石井 ともみさん

雑穀から見つけた「食」の大切さ
自然と調和する幸せのかたち
isitomomi.jpg
クッキングサロン もみの木 つぶつぶ雑穀
石井 ともみさん
 今回スポットを当てたのは昭和48年12月9日生まれ。北海道出身。結婚を機に青森県に移住し、獣医師として働いていた石井ともみさんだ。獣医として業務に努めるが仕事に悩む時期もあり、アトピーで苦しむ娘に「元気に生きて欲しい」との想いの方が強くなった。旦那さんが県職員のため県内を転々としていたが十和田市に移住し、動物を治す側から食材を活かす側になりたいと決意し、約4年前に家を建てると同時に自宅兼クッキングサロン「もみの木つぶつぶ雑穀」を起ち上げた。玄関を開けると県産スギ材で建てた木の匂いがする。広い空間と自然を感じられる造りで夏は風と緑が気持ちいい。冬には薪ストーブがあり吹き抜けの家全体を暖めてくれるという素敵な自宅兼サロンだ。
 生まれた子どもがアトピーだったのがきっかけで「食」に興味を持ち、食の力で体質改善をすればアトピーも治ると知り、食から身体が健康になる事の大切さを「雑穀」から学んだ。始めは公民館を借りてやっていたが時間の調整が難しく自宅でクッキングサロンを始める。自然と調和するような料理や暮らしは生徒さんからも好評なようだ。雑穀は昔からあるパワーフード。現代の食生活は良くも悪くも変わってきてアトピーなど身体の健康に関する問題も増えて来た傾向もある。精進料理のようなイメージのある雑穀を美味しい健康料理として作れるように伝えたいと笑顔で語る。ヒエやキビなど貧しいイメージを払拭して新しい雑穀の魅力を広めていきたい。東北は全国的にも恵まれている雑穀どころなのでヘルシー&ダイエットに通じる雑穀料理で美味しく楽しく身体にいい食を提供して笑顔になれる人たちを増やすために頑張っていきたいと語った。もみの木各種料理クラスやイベントについてのお申込み、お問い合わせは  090-9429-3184/tubu.tomomi@i.softbank.jp 石井まで    

  つぶつぶは、つぶつぶグランマゆみこさんが提案している雑穀料理とライフスタイルです。
もっと詳しく知りたい方はつぶつぶJPへ→ http://tsubutsubu.jp/index.html