生徒諸君!青森の子ども

女子ソフトテニス部が全国出場 細田・戸来ペアが12年ぶりの快挙!

[生徒諸君!青森の子ども]
 十和田市立十和田中学校2年生のソフトテニス部、細田美帆さんと戸来仁絵さんが平成29年度東北中学校体育大会・第45回東北中学校ソフトテニス大会で第3位の成績を収め、全国大会への出場権を獲得したことを報告した。
 青森県大会では見事に個人戦(ダブルス)で優勝したものの、ソフトテニスの大会では東北大会でベスト4に入らなければ全国大会への出場権は得られないという。強豪ひしめく東北大会では第3位となり、青森県選手としては12年ぶりに全国大会へ出場するという快挙を達成した。8月16日に小山田市長を表敬訪問し、成績の報告と全国大会への抱負を伝えた。
 前衛の戸来さんは「じぶんが出来る力を出して、支えてくれた監督や両親に感謝の気持ちを忘れずに自分らしいプレイをしたい」、後衛の細田さんは「教えてくれたコーチたちの考えを表現したい。全国ベスト4が目標です」と抱負を述べた。全国大会では私立の名門と呼ばれる選抜チームが多く、市立中学は厳しい現状だが力を尽くして頑張りたいと小山田市長に伝え、市長は激励の言葉を送った。全国大会は表敬訪問から二日後の8月18日から長崎県で始まる。
sohutotenuiisu.jpg