ローカルニュース

音楽のあるまち目指して 子どものために「十和田ロックフェスティバル」実行委員会が寄附

[ローカルニュース]
 10月に開催された「十和田ロックフェスティバル」で実行委員会が十和田市の児童用図書購入のためにと寄附を集め、集まった42,677円を10月30日に実行委員・鈴木さんと山端さんが小山田市長を表敬訪問し寄付採納をした。今回で2回目の寄付となる。
 小山田市長は「現在図書館では毎月600~700人ほどの利用者が訪れていて、新しい本の他にも古くなった本の補充なども必要なで本当に助かる。しっかりと児童の図書の購入にあてたい」と約束した。
 委員会代表の鈴木昌彦さんは「楽のあるまちづくりをしたいと思い3番街で営業しながらも定期的にアマチュアバンドのコンサートもやっている。プロではなくアマチュアの発表の場があってもいいんじゃないかと道の駅とわだぴあで開催し、参加者・来場者の理解をもらって募金を呼びかけた。集まった寄附金は是非、未来の子どもたちのために児童用の図書購入をして欲しい。」と語った。この寄付金で購入した本は一度展示されてから本棚に並ぶようだ。
IMG_9720.JPG
↑市長に寄付金を渡す十和田ロックフェスティバル実行委員会の鈴木昌彦さん(右)と山端潤一さん(左)