ローカルニュース

人口減少・超高齢化社会における地域づくりセミナー

[ローカルニュース]
 人口減少・超高齢化社会における地域づくりについてのセミナーが12月20日に富士屋グランドホールで開講された。岩手大学農学部教授・広田純一氏を講師に招き、人口減少の原因と対策について七戸町を参考に資料で確認。高卒世代の大量転出、若者世代のUターン不足、出産適齢人口の大幅減少、出生率の減少、子どもの数が激減、高齢化の進展、大幅な人口減少などが挙げられた。これは別々の問題ではなく、すべての原因はつながっていて、このままいくと30年後は大変な事になると語った。
 どうやって人口を維持するか?のテーマでは高卒世代の転出抑制(地元雇用)、若者世代のU・Iターン促進(移住促進)、出生率の向上(維持)などがあるが、総人口の減少は止められない。移住定住対策をしなくてはならないといけないと結論つけた。仕事・住宅の生活環境がなければ移住はない、それだけではなく地域コミュニティと関係を築けるかも大事なテーマとなる。移住コーディネーターが企画する様々な町の例を紹介しながらこれからの可能性と課題について考えた。
koureisyaseminer.jpg