はたらくひと必読!仕事人!!今月のスポットライト

有限会社アート印刷 常務取締役 太田 格道さん

全てはこの街のために
~勇気ある一歩を踏み出す力、継承する力、友情の力~
ootakakuji.jpg
~太田格道さんプロフィール~
 昭和54年6月9日生まれ(38歳)十和田市出身。三本木高等学校を卒業後は栃木にある白鷗大学経営学部に進学。卒業後は東京にある印刷会社に就職し、営業のスキルを学ぶ。24歳のころ父親が病で倒れたのをきっかけに帰郷した。家業を継ぐと決めてからは身に着けた営業のスキルを活かすために自ら進んで十和田青年会議所に入会した。今年で入会13年目のベテランとして62代目理事長として就任する。

 今年度の公益社団法人十和田青年会議所(以下、十和田JCと略)62代目の理事長として就任した有限会社アート印刷常務取締役の太田格道さんを訪ねた。
 大学を卒業してから東京の印刷会社で営業を学んでいたが父親の病がきっかけで帰郷し、跡を継ぐことを決める。地元では「横のつながり」が大事だと気が付き、自らJCへ入会したいと申し出た。25歳の若さで入会した当時はメンバーも60名ほどいたのでたくさんの先輩にもお世話になり、学ぶことも多かった。
 昨年は10名が卒業し、今年度は27名スタートとなるがメンバーは35歳以上、新人が多く、入会10年以上のメンバーは自分だけとなった。新人が多い事は新しいアイデアにチャレンジしたり横のつながりが増えるメリットがある一方、先輩方との交流は減り「縦のつながり」が弱くなってきてしまった現状もある。途切れることなく学んだ事を継承するために20代のメンバー拡大も視野に入れたい。そのためには、まずJCが「魅力ある団体」にならなくてはと考え、JC・仕事・家庭を一番にするのを目標としたい。JCは時間の投資だと思うので日本、世界にもつなげる事は出来る。そのために仕事や家庭を投げ出してしまうようなイメージ改善にも力を入れ、会議時間の短縮など現代に合った組織作りをしていきたいと語る。
 大好評の職業体験などの青少年育成事業はもちろん、今年で48回目となるお祭り中日の運営、去年のスコールで中止となった太鼓の競演も成功させるために新たなアイデアを考え、後輩へもしっかりと伝えたいと語った。